We'll Talk About Songs After The Show

【曲解説は、ライヴ後に?】

WTC。

TKYの流れから、TKYのピアニスト秋田慎治さんのライヴへ。この日六本木アルフィーで秋田慎治トリオ。ベースが杉本智和さん、ドラムスが江藤良人さん。

美しく流れるピアノから、かなりハードなタッチのピアノまで、ヴァリエーションに富んだ演奏を聴かせる。典型的ジャズ・トリオ風のサウンドで、安心して聴いていられる。もうこのレベルに達していれば、いつでもCDを出し、ツアーに行けるのではないだろうか。

ファースト・セットからセカンド・セットになり、その後半、テンション、集中がより高まってきた。特にセカンド4曲目のスタンダード曲「サマータイム」以降、一気にきた感じ。中央に立ったアコースティック・ベースの杉本さんも後半どんどんのってきて、音像をリードする場面が多々あった。「サマータイム」のファンキーなアレンジも気に入った。

アンコールで秋田さんが「最後によくプレイするオリジナル曲で、タイトルは『WTC』という曲です」とだけ言ってスローのマイナー調の曲を演奏し始めた。僕は、頭の中で「WTC、WTC…」と思い描き、何の略だろうかと考えながら聴いていた。ひじょうにもの悲しげな曲だったので、ふと「お、ワールド・トレード・センターか。911かな」と思いついた。そう思うと、この叙情的なメロディーがあのテロの犠牲者へのレクイエムのようにも聴こえてきた。タイトルが曲のイメージを広げる例だ。とても印象に残った。またじっくり聴きたい。

そこで演奏を終えて戻ってきた秋田さんに聞いた。「WTCっていうのは、ワールド・トレード・センターのことですか?」 するとこう返ってきた。「ダブル・ミーニングなんです。ひとつは、ワールド・トレード・センターなんですが、もうひとつは、ウィル・トーク・アバウト・サークルス (We’ll talk about circles)です」 「サークルスについて、私たちは話し合う?」 意味がわからなかったので、解説を求めると、何かひとつテロとかがあるとそれに対する報復とかが起こる。ひとつの出来事から物事が循環して回る。別の言葉で言えば、悪の連鎖、いいことの場合はよい出来事の連鎖、そうしたものについて語り合う、ということだそうだ。

日本語に訳すと「連鎖についての話し合い」といったところか。な~るほど。また、テロの犠牲者へのレクイエム的ニュアンスはあるのか、と尋ねると、そういう側面もなくはない、との答え。ちょうど、テロが2001年9月に起き、この曲は2002年9月に書いたという。「一ヵ所だけ、自分の頭のイメージではマイナーコードなんですが、メジャーの音階を使ってるところがあります」とも解説してくれた。

「でも、こういう解説を、曲を演奏する前に解説しちゃうというのは、なんとなく違うような気がして、あえてしないんですけどね。でも、例えばCDのライナーノーツで書くならいいですが。よくわからないんですが、したほうがいいのかな」と彼は言った。どうなんだろう。むずかしいところだ。ジョー・サンプルなどは、演奏前に次にプレイする曲について、ひじょうに詳しく解説する。それはそれでとてもおもしろく、そういう話を聞いてから演奏を聴くと、「そうかあ、なるほど」と思うことも多い。どちらもありなんだろう。

曲解説は、演奏前にするほうがいいのか、しないほうがいいのか。特に歌詞がないインストゥルメンタルの場合は大きなテーマだ。歌詞があるものなら、その歌詞がすべてを語るからいいが、インスト曲はなかなか難しい。唯一の判断素材はタイトルくらいだ。ということは、タイトルは少なくとも言ったほうがいいということになるのかな。今回は「WTC」というたった3文字のタイトルを事前に言われただけでイメージが膨らんで聴き手のイメージを広げたのだから、これはよかったということになる。詳しい解説は演奏後に話しましょうか。We’ll Talk About Songs After The Show. 略して、WTS。

+++++

【秋田慎治トリオ】

秋田慎治 ピアノ
杉本智和 ベース
江藤良人 ドラムス

秋田慎治・公式ウェッブ
http://www.ne.jp/asahi/chelim/midtownbeatdown/top.html

+++++

Setlist (incomplete)

First Set started 20.18

01.
02. Fahrenheit
03. Just Like It
04. Great Love ?
05. Blue On You
06. Reflections

ended 21.18

Second Set started 22.02

01. ルイーザ
02. 旅の思い出
03. オン・イン・ザ・ストリート?
04. Summertime
05. Introduction
06. Seven Bridges
Encore. WTC

show ended 23.17

(2005年6月3日金曜、六本木アルフィー=秋田慎治トリオ)

ENT>MUSIC>LIVE>Akita, Shinji

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.