R&B Singer Ruth Brown Dies At 78

【R&B創生期のパイオニア、ルース・ブラウン­去】
パイオニア。
1940年代から50年代にかけてヒットを放ったR&B時代創生期のごく初期のスターである女性シンガー、ルース・ブラウンが2006年11月17日(金)、ラスヴェガス地区の病院で­去した。78­ った。「ティアド­ップス・フ­ ・マイ・アイズ」(1950年末のヒット、R&Bチャートで1位)、「5-10-15アワーズ」(1952年のヒット、R&Bで1位)など多数のヒットがある。
ルース・ブラウンは1928年1月12日ヴァージニア州ポーツマス生まれ。本名、ルース・アルストン・ウェストン。
デューク・エリントン楽団の­手になったところ、その紹介でアトランティック・レコードと契約することになり、1949年、アトランティックからの「ソー・­ング」が初ヒット。以後、1960年 までヒットを出し続けた。レイ・チャールズ登 以前のアトランティックのドル箱スターと言える。しかも、ジャズ、ゴスペル、創生期のR&B、­ックン­ールなどありとあらゆるジャンルを超えて­った。
しかし、60年代、70年代初期までは不遇で、一時期はバスの運転手、家事手伝い、教師などをしながら2人の息­を女手一人で育て、どん底の生活をしていたこともあった。
1982年、ワシントンDCで小さなライヴを行った後、一人の白人男性が昔のアルバ を持ってきて、ルースのサインを求めてきた。そのアルバ は、ルースが見たこともないアルバ  った。彼女はアルバ にサインをしながら、「私たちはこうしたアルバ から一­たりとも、印税をもらってないのよ」とこぼした。この男性の名前は、ハウエル・ベーグル、エンタテインメント系の弁­士 った。そして、彼はルースのために、身を粉にして、未払い印税をメジャーレコード会社にさせるという前代未聞の仕事を始めたの 。
そして、それから約5年をかけて、ハウエルとルースは、それらの貯まった未払い印税をレコード会社に支払わせることに成功したのである。1987年のこと った。こうして生まれたのが、同年発足の「リズ &ブルーズ・ファウンデーション(基金)」である。
様々な交渉を重­、アトランティックのアーメット・アーティガンらから150万ドル(現在のレートで1億8千万円)の小切手をR&B基金宛てに 出させたの 。この基金から資金を運用したりして、R&Bの世界で実績がありながら、例えば保険に 入していないために病気治療が受けられない人へのサポート、未払い印税の支払いなどにあてるようになった。彼女にとっての最大のターニングポイントは、この交渉をかってでてくれたハウエル弁­士との出会い った。
Blues on Broadwayその後、 画、ミュージカルの仕事が入るようになりアーティストとしても奇跡的に復活。­でも、1989年1月からブ­ードウェイで始まったミュージカル『ブラック&ブルー』は2年間にわたる­ングラン大ヒットとなり、オリジナル・サウンドトラックもグラミー賞を受賞、さらにルース自身のアルバ 『ブルーズ・オン・ブルードウェイ』も、1989年度グラミー賞「ベスト・ジャズ・ヴォーカル・パフォーマンス」を獲得した。同ミュージカルは、トニー賞5部門にノミネート、ルースの最優秀女優賞を含む3部門を獲得した。また1993年には「­ックン・­ール・ホール・オブ・フェイ 」(­ック殿 )入りを果たすまでになった。
ルースは、ライヴでは1978年9月「モンタレー・ジャズ・フェスティヴァル」(=­道館。複数アーティストとの共演)への出演、1991年4月、渋谷クアト­でのライヴ、1995年1月、東京ブルーノート出演で来日している。また、甥にラッパーのラ­ー がいる。
(ルースの来日履­について阿見博さんから貴重な情 をいた きました。訂­・追記しました。ありがとうございます)
ENT>OBITUARY>Brown, Ruth>January 12, 1928 - November 17, 2006 (78)

This entry was posted in OBITUARY. Bookmark the permalink.

Comments are closed.