Now It's Revealed Who Played Drums On "Spirit"

意外。

ところでこの日記でしばらく前に話題にしたアース・ウィンド&ファイアーのアルバム『スピリット』の各曲で誰がドラムを叩いているのか、という謎でしたが、ついに返事がきました。

https://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200406/diary20040630.html

アルバムのクレジットには、ラルフ・ジョンソン、フレッド・ホワイト、そして、モーリス・ホワイトの名前があります。僕は、ラルフはほとんどパーカッションにまわるので、それほどドラムは叩いていないでしょう、と考えました。残るはフレッドとモーリスですが、クレジットの書き方からすると、フレッドの方が主たるドラマーのように見えます。また、70年代のライヴ映像などを見ても、ちらっと瞬間垣間見られるドラマーは、フレッドです。だいたいモーリスはライヴではほとんどリード・シンガーとなります。そこで、僕はほとんどの曲はフレッドが叩いているのではないかと推測しました。

返事をくれたのは、ハーブ・パワーズ氏。アースのアルバムのライナーを書いている人物であり、そのハーブがモーリスに確認してくれました。確認に手間取りもうしわけない、と一言あって、送ってくれたリストは—-。

MAURICE PLAYED

GETAWAY
SATURDAY NITE
EARTH, WIND & FIRE
SPIRIT
IMAGINATION

FRED PLAYED

ON YOUR FACE
BIYO

じゃ~~~ん、ほとんどモーリスじゃないですか!!! 僕がお気に入りの「ゲットアウェイ」のドラムスも、「サタデイ・ナイト」のドラムスも、フレッドではなく、モーリスですかあ。ということは、僕が気に入っていたのはモーリスのドラムということになる。これがわかったから、どうなるってものでもないんですが。(笑) 

それにしても、な~~るほど。そうですかあ。これは感慨深い。いや、意外だった。以前、スティーヴィーの「ドゥ・アイ・ドゥ」のドラムスが、スティーヴィー本人だと知ったときと同じくらい衝撃を受けました。こうなると、全アルバムの正確なクレジットが知りたくなりますねえ。でも、一枚一枚聞いたらあきれられますよねえ。ま、とりあえず、今日のところはここまでにしておきますか・・・。

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.