For The Record: The Meaning Of "No, Woman, No Cry"

訂正。

昨日の『ソウルブレンズ』は、ボブ・マーリーをご紹介したのですが、間違いがふたつ。BBSでも指摘されましたが、まず、ローリン・ヒルと結婚したボブ・マーリーの息子はジギ-ではなく、ローハン・マーリーという人でした。そして、「ノー・ウーマン・ノー・クライ」のタイトルの意味を「女の人がいなければ、失恋しなくてもすむので、悲しまなくていい、涙がいらない」というニュアンスをお伝えしたのですが、歌詞をじっくり読むと、違いました。お詫びして訂正です。陳謝。

どちらも、番組中にファクス、メールをいただきました。ボブの息子が何人いるのか、ちょっと調べていたのですが、わかりませんでした。(笑) 最低6人くらいはいるようです。そのローハンの名前はリストの中にはありませんでした。

「ノー・ウーマン・ノー・クライ」は、「ノー・ペイン、ノー・ゲイン」と同じニュアンスの言い回しかと思ったのですね。つまり、「痛みなければ、得るものなし」 すなわち、苦労なくして成果は得られない、という意味です。「ノー・ウーマンなら、ノー・クライ」というわけです。

しかし歌詞の流れからすると、泣かないで、ウーマン、泣かないで、という意味のようですね。ただちょっと僕自身、この歌詞からは、ストーリーの全体像がつかめないので、まだ訳せないです。全体的にボブ・マーリーの歌詞は難しい。彼を取り巻く様々なことを知らないと歌詞の意味がわかりません。

+++

Real James Brown: He’s Real

ファミリー。

さて、ボブ・マーリー終わったあとのドン勝本氏のゲストは、めちゃくちゃおもしろかったですね。当初は20分くらいの予定だったんですが、話がはずんでしまったので、40分近くになってしまいました。(笑)  勝本氏とジェームス・ブラウン話をすると止まりません。勝本氏が73年初めて会ったときの話。その後、姫路でリムジンに乗った話。自宅を訪れ、ブラウン自らがいろいろなところを案内してくれた話。リハーサルの時の話。マントをもらったときの話。Ain’t No Stoppin’ Us Nowって感じですね。(笑) それにしても、ミスター・ブラウンはファミリーというものを大事にします。

残念だったのは、井筒監督に出演をお願いしていたのですが、さすがに土曜日公開初日ということでかなりスケジュールがタイトでご出演願えませんでしたが、また、近いうちにチャンスはあるでしょう。金曜日だったか、BSフジの『ロングインタヴュー』(司会テリー伊藤、小島奈津子)という90分番組で井筒さんがいろいろお話してました。たまたま途中から見たんですが、なかなかおもしろかったです。まだ再放送があるようですので、チェックしてみてください。

http://www.bsfuji.tv/top/pub/interview.html
http://www.bsfuji.tv/top/recommend/rcm_variety.html#interview

マーヴィンが言ってましたが、確かにジェームス・ブラウンは「リアル(本物)」ですね。追加公演10月3日(金曜)、武道館です。東京2デイズ、ソウルの神様の元気をもらいましょう。

+++

No, woman, no cry;
No, woman, no cry;
No, woman, no cry;
No, woman, no cry.

Said – said – said: I remember when we used to sit
In the government yard in Trenchtown,
Oba – obaserving the ‘ypocrites
As they would mingle with the good people we meet.
Good friends we have, oh, good friends we’ve lost
Along the way.
In this great future, you can’t forget your past;
So dry your tears, I seh.

No, woman, no cry;
No, woman, no cry.
‘Ere, little darlin’, don’t shed no tears:
No, woman, no cry.

Said – said – said: I remember when-a we used to sit
In the government yard in Trenchtown.
And then Georgie would make the fire lights,
As it was logwood burnin’ through the nights.
Then we would cook cornmeal porridge,
Of which I’ll share with you;
My feet is my only carriage,
So I’ve got to push on through.
But while I’m gone, I mean:
Everything’s gonna be all right!
Everything’s gonna be all right!
Everything’s gonna be all right!
Everything’s gonna be all right!
I said, everything’s gonna be all right-a!
Everything’s gonna be all right!
Everything’s gonna be all right, now!
Everything’s gonna be all right!

So, woman, no cry;
No – no, woman – woman, no cry.
Woman, little sister, don’t shed no tears;
No, woman, no cry.

[Guitar solo]

I remember when we used to sit
In the government yard in Trenchtown.
And then Georgie would make the fire lights,
As it was logwood burnin’ through the nights.
Then we would cook cornmeal porridge,
Of which I’ll share with you;
My feet is my only carriage,
So I’ve got to push on through.
But while I’m gone:

No, woman, no cry;
No, woman, no cry.
Woman, little darlin’, say don’t shed no tears;
No, woman, no cry.

Eh! (Little darlin’, don’t shed no tears!
No, woman, no cry.
Little sister, don’t shed no tears!
No, woman, no cry.)

+++

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.