●シーシー・ワイナンズ登場

●CeCe Winans Sings On “Tokyu World Music Special”

【シーシー・ワイナンズ登場、東急ワールドミュージックスペシャル】
光。
東急グループが定期的に行っているイヴェント『東急ワールド・ミュージック・スペシャル』、今回は数えて9回目。ひょんなことから、ここにゴスペル・シンガー、シーシー・ワイナンズがやってくると知り、見たいなあと思い、ネットからいろんな名前を使って応募したが、全部はずれた。(笑)
シーシーは、一度1990年代初めに新宿のルミネ・ホールにビービー&シーシーで来日、ライヴを見た。また1997年5月、ホイットニー・ヒューストンの東京ドームでのライヴに彼女が飛び入りで1曲「カウント・オン・ミー」を歌ったことを記憶している。去年はヴァネッサ・ベル・アームストロングがひょいとやってきたり、カーク・ウェイラムとジョン・スタッダードが来日したり、今年はシーシーと、知らぬ間にいろんなゴスペル・アーティストが来ている。
シーシーは現在日本のレコード会社もないようで、前日まで鑑賞はあきらめていたところ、これまた当日午後になって急遽とあるご縁で見られることになり、ビービー&シーシーの来日時に彼のラジオのゲストにでてもらったという松尾潔氏とともに観戦。無料、抽選で、その倍率は10倍以上だったとか。じゃあ、3通くらい出したくらいじゃあ当たらない。(笑)
東急グループのサイト↓
http://www.tokyu.co.jp/group/twms2008/index.html
プロフィール↓
http://www.tokyu.co.jp/group/twms2008/profil.html
無料イヴェントということもあり、会場は超満員。またテーマがゴスペルということで、ゴスペルを歌っている風の人たちも見受けられたが、多くは年齢層も幅広い一般の方々が集まっていた。入り口で、本日のプログラム(曲目が書いてある)、小さなLEDライトを渡され、最後の曲でお使いください、とご案内された。これが小さいがとてもきれいな色を発光する。入り口でシーシーの新作を売っていたので、松尾氏とそれぞれ一枚ずつご購入。もう一枚、ビービー&シーシーのベストもあったが、曲目をよく見ると、けっこう持っていたのでこちらはパス。
第一部のザ・ボーン・アゲイン・チャーチからは11名のシンガーたちが登場。そのうちの1名がオルガンを弾く。「アメージング・グレイス」から始まり、最後のほうで50名以上の日本人コーラスがバックに立った。
休憩をはさんで、シーシー登場。さすがに立派、歌の格が違う感じ。前日のシャカ・カーンが頭の先から声を出すのに比べて、このシーシーはおなかのおへそのあたりから、ガツーンと低い声をだしてくる。タイプが違うわけだが、シーシーの堂々としたふるまいはもはや中堅からヴェテランの域に達しているということか。
ドラムス、ギター、ベース、キーボード2人にコーラス4人という9人のバックというきちんとした編成。この4人のコーラスがまたけっこううまかった。この4人とシーシーの歌を聴いていると、その迫力は50人のクワイアーを凌駕。こういうのを見ると、ゴスペルも人数だけではないんだなあ、と感じる。もちろん人数がいればいたで、迫力なんですけどね。松尾氏この歌とコーラスを見て、「クワイアーいらずですねえ…」。
シーシーはセットリスト中7曲までが、2008年4月全米リリースの最新作『サイ・キンゴドム・カム』収録の曲だった。道理でなじみはなかったが、荘厳な雰囲気とのりのいいコンテンポラリー・ゴスペルの世界にたっぷり浸れた。
特に5曲目「ヒーズ・コンサーンド」では、シーシーは通訳を招き入れ、「あなたたちを、神様はみな気にかけています。愛しています」といったメッセージを説明、さらに歌に入るとアフリカのホームレスの子供たちの映像をスクリーンに映し出した。
最後アンコールで「オー・ハッピー・デイ」。第一部ででてきた人たちも含めて全員登場。ここで、先のLEDライトが登場。2000以上のこの小さなライトが暗い会場に一斉に光ると、ホタルみたいで実にきれいだ。「アメージング・グレイス」に始まり、「オー・ハッピー・デイ」に終わるゴスペル・イヴェント。最後はホタルの光…。
■ 「東急ワールドミュージックスペシャルin Bunkamura vol.9ゴスペルナイト」(シーシー・ワイナンズなど)会場 東急文化村
■セットリスト 東急ワールドミュージックスペシャルin Bunkamura vol.9
ゴスペルナイト
Setlist : Tokyu Bunkamura, Orchard Hall, June 3, 2008
The Born Again Church Choir & Tokyu World Music Special Choir
MC started 19:02
Live performance started 19:10
01. Amazing Grace
02. Nobody Knows The Trouble I’ve Seen
03. I Want To Be Ready
04. Precious Lord, Take My Hand
05. O Mary Don’t You Weep
06. Sweeping Through the City
07. Hosanna
08. Blessed And Highly Favored
09. Faithful Is Our God
10. Total Praise
Performance ended 20:00
-break-
CeCe Winans
MC 20:24
Performance started 20:28
01. We Welcome You (Holy Father)
02. Forever
03. Pray
04. Waging War
05. He’s Concerned – Jesus Loves Me – He’s Concerned
06. Oh Holy Place
07. You’re The One
08. Alabaster Box (??)
09. Million Miles
10. It Ain’t Over
Enc. Oh, Happy Day (all)
Show ended 21:30
(2008年6月3日火曜、東急文化村=東急ワールドミュージックスペシャルin Bunkamura vol.9 ゴスペルナイト・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Tokyu World Music Special In Bunkamura, Vol.9
2008-93
This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.