Konishiki's choice

選択。

昨日の『ソウルブレンズ』のオンエア中にアシスタントのIさんに「この前、雑誌に小錦のお気に入りCDがたくさん紹介されていて、吉岡さんが作ったのがでてましたよ。あの赤い箱にはいったやつと、青いソウルバラードのやつ」と言われました。

それは、ソニーミュージックハウスからでた『ゲット・レディー』http://www.sonymusichouse.co.jp/popular/399979.htmlと『ソウル・バラード~ワン・イン・ア・ミリオン』http://www.sonymusichouse.co.jp/popular/815004.htmlでした。

これが掲載されているのが、雑誌『title』2003年4月号(文芸春秋社)の66ページ。何人かのリスニングルーム拝見という企画ページで、小錦さんの場合は、自分の車がかなりのオーディオルームになっていて、そこが紹介されています。そして、いくつかのCDが選出されていて、その中で、『ゲット・レディー』のボックスセットも選ばれていました。

で、事務所内のCDラックという写真もあって、そこにはしっかり『ソウル・バラーズ』のボックスがありました。いやあ、なんか単純に嬉しいですね。自分が選曲・構成・ライナー執筆など全部をてがけたCDボックスセットに、こういうところで出会うと。

『ゲット・レディー』は、ご存知の方も多いかもしれませんが、やはりベストセラーのダンスクラシックスのオムニバスのボックスセット『レッツ・グルーヴ』の続編です。大ヒットを中心にこれでもか、これでもかと、いい曲目白押しで選曲してあります。

FM局の通販番組などでも、しばしば取り上げられて、毎回そこそこ売れるという、ロングセラーになっています。どちらも、選曲にはかなりの自信ありますので、みなさん、よろしければどうぞ。

ま、小錦の選択というわけです。キャッチコピーはこう書き換えましょうか。

「小錦も愛聴している『ゲット・レディー』、『ソウル・バラード』」

小錦に会ったら、話の種ができました。

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.