Vulnerable

趣向錯誤。

「ヴァルナーヴル」とは、傷つきやすいという意味です。そして、これは97年に発売
されたマーヴィン・ゲイの未発表作品のアルバム・タイトルです。マーヴィン・ゲイ
が67年に録音するも、レコード会社(モータウン)がずっと発売せずに、お蔵入りし
ていたものでした。

これは、マーヴィンがずっとあこがれていたクルーナー(バラードを歌うシンガーの
こと)としての側面を見せた珍しいアルバムでもあります。当時、マーヴィンはさま
ざまなビートのきいたアップテンポの作品でヒット曲を送り出し、スターになってい
たために、こうしたバラード系の作品は、モータウンからは歓迎されずに、ずっと日
の目をみずにいました。

7曲が録音され、マーヴィンはずっとこのテープを持っていましたが、彼の死後、97年
になって、やっと一般発売されたのです。このアルバムでは、7曲のほか、その7曲の
うちの3曲の別テークが収録され、一応10曲入りのアルバムになっています。

どれも、ストリングス、ビッグバンドをしたがえた歌を聴かせます。「いそしぎ(シ
ャドウ・オブ・ユア・スマイル)」、あるいは、「アイ・ウォント・クライ・エニモ
ア」などは、スタンダード・シンガーとしての魅力がたっぷりです。

僕も70年代だったら、マーヴィンのこのようなアルバムを聴いても、きっと、一度聴
いただけで、「ふんっ」などと言って、棚の奥にしまいこんでいたでしょう。でも、
それがこうして、いまどきになって聴くと、けっこう聴けてしまうんですねえ。しか
も、いい感じになって。休みの夜更けなんかに聴いたら、もうたまりませんねえ。

やっぱり、聴く音楽の趣味趣向って、年齢とともに、変化するんでしょうかねえ。趣
向も錯誤していく、ってことで。別に、どっちの趣味・趣向が間違ってるわけじゃな
いんですけど。

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.