A Chat With Eric Benet: Reveals Real Age

【エリック語る】

三昧(ざんまい)。

横浜レンガ倉庫にあるモーションブルーは、ブルーノートより少しだけ小さい。場所的に若干不便だが、エリック・ベネイはさすが超満員。日曜セカンドには、トクや日野賢二、ケイリブ・ジェームスなども来ていた。日野さん、一曲目始まるなり全開で「スライ、スライ!」と叫ぶ。もちろん、「アイ・ウォナ・ビー・ユア・ラヴァー」が始まれば、「プリンス! プリンス!」。やっぱりあのファルセットは、プリンスの影響強しだと思う。

エリックは、毎日ライヴが終わった後、サイン会をやっていた。この日もしていた。とりあえず『ハリケーン』にサインしてもらった後、少し話す機会があった。

エリックがステージで話す声を聴いていて、ずっと誰かの声に似ているなあ、と思っていたのだが、どうしてもそれが思い出せなかった。エリックと話始めてすぐに、それがわかった。あってるかどうかわからないのだが、つまり、似てないという人もいるかもしれないが、テニスプレイヤーのアガシの声、話し方に似ていると僕には思えたのだ。アガシがインタヴューなどで話している声と話し方、それとエリックがステージで話している時の声。僕にはとても似てるように感じた。木曜からずっと考えていて、やっとわかってほっとした。

「あなたの声やしゃべりかたが、ある人に似てると思ってたんです。アガシです」 「誰?」 「テニスプレイヤーのアガシ」 「え、僕の声がアガシに似てるの? 今まで言われたことないな。彼は歌うの?」 「いや、歌わないと思う」 

「ところで、あなたの誕生日は、69年の10月15日であってますか?」と尋ねると、「いや、66年だよ。僕はオールドマンなんだ。(笑い)」 「ええ? じゃあ、69年というのは、間違ってる?」 「うん、間違ってるよ」 ということは来週の土曜日で39歳だ。公式のバイオグラフィーなどで2年サバを読むのはとても一般的なのだが、この場合3年。微妙におもしろい。

「スティーヴィー・ワンダーは好きですかDo you like Stevie Wonder?」と尋ねたら、どうも発音が悪くて「Do you write Stevie Wonder?(スティーヴィーに曲を書く?)」と取り違えられ「ノー、ノー」とびっくりされた。改めてゆっくり言うと、「おお、もちろん」との答え。「新作はきいた?」と聞くと「スティーヴィーが何曲か聞かせてくれたよ」と実際、会って聞かせてもらったということを話してくれた。まあ、スティーヴィーに曲を書くシンガー・ソングライターなんて、まず今はいない。

それにしても、エリックは次々並ぶファンに一枚一枚ていねいにサインをしていた。

モーションのライヴは、ブルーノート木曜セカンドより一曲少なかった。木曜の13曲目「ホエア・ダズ・ラヴ・ゴー」がカットされていた。また、ラテン調の「ホワイ・ユー・フォロー・ミー」を聞いているとき、この曲、ヒロミ・ゴーが歌ったら、日本でもヒットしそう、などと思った。

モーションを出た後、久々にソウルバー、シュガーシャックに行って「今、ベネイ帰りです」と言ったら、オウナー石川さんが、シンバッドのライヴイヴェントでデニース・ウィリアムスとエリック・ベネイがデュエットしている映像を見せてくれた。わお! サンクス! 二人は「ホエン・ユー・シンク・オブ・ミー」と、マーヴィン&タミー・テレルでおなじみの「エイント・ナッシング・ライク・ア・リアル・シング」を歌っていた。エリックは真っ白のスーツを着ていた。

この数日、エリック三昧なり。

Setlist : Eric Benet, 2005.10.2 @ Motion Blue

(1)=1st album, (2)=2nd album, (3)=3rd album

show started 20.32
01. If You Want Me To Stay (Sly & Family Stone) (1)
02. When You Think Of Me (2)
03. India (3)
04. Be Myself Again (3)
05. I Wanna Be Your Lover (Prince)
06. Spiritual Thang (1)
07. Why You Follow Me (2)
08. Hurricane (3)
09. Spend My Whole Life With You (2)
10. “David Foster Song: Snippet” After The Love Has Gone / Through The Fire / I Will Always Love You
11. The Last Time I Fall In Love (3)
12. I Wanna Be Loved (3)
Enc. Georgy Porgy (including “What You Won’t Do For Love”) (Toto)(2)
show ended 22.00

(2005年10月2日日曜セカンドセット、モーションブルー横浜=エリック・エネイ・ライヴ)

ENT>MUSIC>LIVE>Benet, Eric

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.