Another Ray Charles Duet Album Is Coming

【もう一枚のデュエットアルバム登場】

未発表。

2004年6月10日に他界し、同年8月にリリースされた『ジニアス・ラヴズ・カンパニー』が大ヒットしたレイ・チャールズが、他にもう一枚デュエット・アルバムを録音していて、それがこのほど発売されることになった。アルバムのタイトルは、『ジーニアス・アンド・フレンズーーラスト・セレナーデ』で、全米では9月20日発売予定、また日本では10月5日の発売予定。ワーナーからでる。

デュエットしている相手は、アンジー・ストーン、メアリー・J・ブライジ、グラディス・ナイト、ダイアナ・ロス、ジョン・レジェンド、アリシア・キーズなど。レコード会社の資料には、録音は主に1998年と書いてあるが、アーティスト名などから推理するとここ1年くらいのものもある。

この作品は、レイ・チャールズが過去にレコーディングした作品に、後から、レイのヴォーカル・トラックを抜いて、新しいアーティストがデュエット部分を重ねる方法で録音している。ナット・キング・コール、ナタリー・コールのゴースト・デュエットによる「アンフォーゲッタブル」と同じ手法だ。この点が最初からデュエットを録音しようということでレコーディングした『ジニアス・ラヴズ・カンパニー』と違う。

たとえば、「イマジン」(ジョン・レノンのヒット)は、96年のレイ・チャールズのアルバム『イマジン~ストロング・ラヴ・アフェア』のトラックを使用している。そこにルーベン・スタッタードとハーレム・ゴスペル・シンガーズが録音している。
a
いくつか聞き物があるが、ジョン・レジェンド、リーラ・ジェームスあたりは、ここ1年以内の録音だろう。アリシア・キーズの「アメリカ・ザ・ビューティフル」も注目作だ。

+++++

レイ・チャールズ/ジーニアス&フレンズ~ラスト・セレナーデ~
2005年10月05日発売
[ WP – ライノ ]
品番:WPCR-12206
価格:2,580(税込)

01オール・アイ・ウォント・ドゥ (with アンジー・ストーン)
02ユー・アー・マイ・サンシャイン (with クリス・アイザック)
03イット・オール・ゴーズ・バイ・ソー・ファスト (with メアリー・J.ブライジ)
04ユー・ワー・ゼア (with グラディス・ナイト)
05イマジン (with ルーペン・スタッダード&ハーレム・ゴスペル・シンガーズ)
06コンペアード・トゥ・ワット (with リーラ・ジェイムス)
07ビッグ・バッド・ラヴ (with ダイアナ・ロス)
08アイ・ウィル・ビー・ゼア (with アイディーナ・メンゼル)
09ブレイム・イット・オン・ザ・サン (with ジョージ・マイケル)
10タッチ (with ジョン・レジェンド)
11シャウト (with パティ・ラベル&アンドレ・クラウチ・クワイアー)
12サレンダー・トゥ・ラヴ (with ラウラ・パウジーニ)
13バステッド (with ウィリー・ネルソン) (ライヴ)
14アメリカ・ザ・ビューティフル (with アリシア・キーズ)

ENT>MUSIC>ALBUM>Charles, Ray
ENT>MUSIC>ARTIST>Charles, Ray

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.