Kishita Kohshi Live: First Heisei-born Super Star

第二回。

すでにこの日記ではおなじみの木下航志くん。彼の昨年8月下北沢ライヴハウス以来のライヴ。前回はキャパも100人くらいの小さな会場だったが、今回はタウンホールという約260席のコンサートホール。着実に階段を昇っている。会場はほぼ満員。バンドも、ドラムス、ギター、ベース、キーボード、サックスにコーラス2人、これに木下くんという構成でかなり大掛かりなバンドになった。僕にとっては第二回の鑑賞だ。

7時ちょうどに暗転し、幕が上がるとすでにバンドメンバーと木下くんがスタンバイしていて、一曲目のインスト曲「ピック・アップ・ザ・ピーセス」を演奏し始めた。アヴェレージ・ホワイト・バンドのファンキーなのりのり曲だが、観客はじっと静かにバンドを見つめている。

2曲目はスティーヴィーの「イズント・シー・ラヴリー」。全体的にバンドの音が大きく、木下くんのヴォーカルがなかなか聴きづらかった。ソウル、日本の歌謡曲、トラディショナル、オリジナルなどさまざまなものが選曲されている。やはりしばらくはこの路線で、わが道を模索していくのだろう。

木下くんが中央に座り、キーボードを弾き、歌を歌っているので彼がバンドの中心なのだが、彼がバンド・マスター、音楽ディレクターだという印象はまだない。しかし、きっと10年後には、彼が堂々としたバンド・マスターになるのだろうな、と思った。

そこで、彼がバンド・マスターではないということで、コーラスに歌わせる「ヒートウェイヴ」やサックスに歌わせる「ホワット・ア・ワンダフル・ワールド」がどうしても浮く。例えば、彼がスティーヴィーやジェームス・ブラウンのように、完全にボスで若手に一曲歌わせてやろう、チャンスをやろう、という立ち位置であれば、これも様になるが、なんといっても彼はこの中で最年少。なかなかうまく整合性がとれない。

今回はバンドとのものが、歌声が聴きづらかったこともあり、やはり、ピアノ1本の弾き語りが聴きやすかった。また、妙な司会ぶりがあいかわらずおもしろい。この日着ていたスーツは、なんとしばらく前に彼がニューヨークに行ったときに買ってもらったものだという。「買ってもらった」という表現が彼らしくて、いい。あるいは、アンコール前の最後の曲のときに、はっきり「では次はアンコール前の最後の曲で・・・」と言って笑いをとった。

ニューヨークではゴスペルクワイアーと共演してきた。そして、6月に愛知万博でそのゴスペルクワイアーと1日、一緒にライヴをするという。本場のゴスペルクワイアーと一緒にやって彼はどんな刺激を受けてきたのだろうか。これは楽しみだ。

木下航志、1989年5月8日鹿児島生まれ。現在15歳。まもなく16歳になる。そう、1989年は平成元年である。言ってみれば、将来の平成生まれの初のスーパースターだ。

+++++

■木下航志・関連記事、前回のライヴ評

2004/08/14 (Sat)
Kishita Koshi Live: The Live Performance I Really Desired To See
https://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200408/diary20040814.html

2004/08/15 (Sun)
Talent Of Musicians VS Talent Of Listeners
https://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200408/diary20040815.html

2003/12/29 (Mon)
Stevie Gave Love & Courage To Everybody
木下航志くんとの出会い
https://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200312/diary20031229-1.html

2004/04/30 (Fri)
Kishita Koushi: 14-Year-Old Genius, I’d Call Him “Little Koushi”
ドキュメンタリーで知って
https://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200404/diary20040430.html

■Kishita Koshi Live At Shimokitazawa Town Hall
2005.4.1

( )はオリジナル・アーティスト

show started 19:02

01. Pick Up The Pieces (Average White Band)
02. Isn’t She Lovely (Stevie Wonder)
03. フェリス
04. Georgia On My Mind (Ray Charles)
05. マグノリア
06. 君の名前を呼んだあとに
07. Yesterday (Beatles)

–10 minutes break–

08. そして僕は途方に暮れる (木下航志ピアノソロ)(大沢誉志幸 )
09. 熱き心 (木下航志ピアノソロ)(小林旭)
10. 少年時代 (木下航志ピアノソロ)(井上陽水)

11. Amazing Grace (木下航志ピアノソロ) (Traditional)
12. Valdes In The Country (Donny Hathaway)
13. Heatwave (歌・セイ&しおり)(Martha & The Vandellas)
14. What A Wonderful World (歌・藤井康一)(Louis Armstrong)
15. Someday We’ll All Be Free (Donny Hathaway)
16. 響け僕の歌
17. 通り雨
18. チャレンジャー

アンコール

19. You’ve Got A Friend (James Taylor, Donny Hathaway)
20. 絆
21. 竹田の子守唄 (木下航志ピアノソロ)

show ended 20:57

■木下航志&ヒズ・フレンズ・メンバー

木下航志 (ヴォーカル、ピアノ、キーボード)
名村武 (ギター)
藤井康一 (サックス、ハーモニカ)
ドクター・キョン (キーボード)
後藤敏昭 (ドラムス)
大里和生 (ベース)
セイ&岩美志保里 (コーラス)

■木下航志・オフィシャル・ホームページ

不用品回収で粗大ゴミを処分しましょう

(2005年4月1日金曜、下北沢タウンホール=木下航志・ライヴ)

ENT>MUSIC>LIVE>Kishita, Kohshi

+++++

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.