Chicken Songs For Year Of The Chicken

チキン。

ベスト 1991-2004『ソウル・ブレンズ』、新春第一弾「ソウル・サーチン」は、イギリスのシールのベスト『ベスト1991-2004』と、ちょっと今年の注目もの。今、僕に何か言わせたら、そりゃあ、レイ・チャールズでしょう。(笑) レイともう一曲は、これから話題になるから紹介してと頼まれたノラ・ジョーンズ。

シールの声はひじょうにユニーク。マーヴィンが「シャーデーの男版みたいでしょう」と言ったのが、とてもぴったりかもしれない。

ふと気づいたというか、突然でてきてびっくりしたのが、マーヴィンの鳥の真似。オープニング、ルーファス・トーマスの「ドゥ・ザ・ファンキー・チキン」でのにわとりの鳴き声のところに、マーヴィン鳥の真似がかぶさり、レコードかと思った。実に声色、うま~~い。思わず、マーヴィンに言った。「マーヴィン、このところ芸幅、広げてるね~~」。

鳥つながりの選曲だったわけですが、7時からのピーター・バラカンさんの番組のオープニングは、メイシオ・パーカーのヴァージョンによる「チキン」だった。ジャコがやったりもしているジェームス・ブラウンの名曲である。

番組冒頭で曲がかかっている間、前番組のDJヴァンスが新年の挨拶にやってきた。ひとしきり、新年の挨拶をして、「じゃあ、今年もチキンとやっていきますから」。爆笑した。で、さっそく、マーヴィンも僕も使わせていただきました。今年はチキンとやっていきます。仕事もチキンとやります。

Feels Like Home [ENHANCED] [FROM US] [IMPORT]
Feels Like Home [ENHANCED] [FROM US] [IMPORT]

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.