The World Will Always Welcome “As Time Goes By”, As Time Goes By

大歓迎。

前にこの曲のことは書いたことがあったでしょうか。スタンダードの「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」。ハーマン・ハップフェルドという作曲家が1931年に書いた作品で、元々ミュージカル『エヴリバディーズ・ウェルカム』に使われました。同年ジャック・レナード、さらにルディー・ヴァレーでヒット。その後1942年の映画『カサブランカ』で使用され再度ヒットとなっています。なんと言っても、ハンフリー・ボカートとイングリッド・バーグマンの出演する『カサブランカ』はこの曲を光輝くものにしました。僕の個人的なフェヴァリットはタック&パティーのヴァージョンです。

タイトルの「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」は、「時がどんなに流れても」という意味です。曲の内容は、「時がどんなに流れても、もっとも基本的なことはなにも変わらない。キスはキス、ため息はため息、女は男を求め、男には女が必要。それは、どんなに時代が流れようとも、決して変わることがない真実・・・」と言った歌です。

何百というヴァージョンがありますが、最新ヴァージョンは、そう、ロッド・スチュワートです。先日書いた『グレイト・アメリカン・ソング・ブック ヴォリューム2』の中でこの曲が歌われていました。しかも、女性とデュエットで。 曲のイントロで映画のような演技をするこの声は誰? 新しいジャズシンガー? どこかのミュージカルスター? ディディー・ブリッジウォーターあたりか? いやいやいや、違いました。ほ~~~、へえ~~~。そうですかあ。驚きました。なんと一緒に歌っているのは,ラッパーのクイーン・ラティーファ。

最近はもっぱら映画での活躍が目立つラティーファですが、こんな曲をこんな風に歌うんですか。いい、いい。ロッドのしわがれ声と、ラティーファの落ち着いた歌声のコンビネーション。こんな組合せが可能なんですね。すばらしいサプライズです。

この曲が書かれて72年の時が流れているわけですが、72年たっても、この曲の魅力は色あせることはありません。世界は、いつでも「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」を大歓迎します。どんなに時が流れても。

“As Time Goes By”
music and words by Herman Hupfeld

[This day and age we’re living in
Gives cause for apprehension
With speed and new invention
And things like fourth dimension.
Yet we get a trifle weary
With Mr. Einstein’s theory.
So we must get down to earth at times
Relax relieve the tension

And no matter what the progress
Or what may yet be proved
The simple facts of life are such
They cannot be removed.]

You must remember this
A kiss is just a kiss, a sigh is just a sigh.
The fundamental things apply
As time goes by.

And when two lovers woo
They still say, “I love you.”
On that you can rely
No matter what the future brings
As time goes by.

Moonlight and love songs
Never out of date.
Hearts full of passion
Jealousy and hate.
Woman needs man
And man must have his mate
That no one can deny.

It’s still the same old story
A fight for love and glory
A case of do or die.
The world will always welcome lovers
As time goes by.

Oh yes, the world will always welcome lovers
As time goes by.

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Comments are closed.