Salsoul = Salsa + Soul

サルソウル。

サルソウル・レーベルは74年にキャリー兄弟3人によってニューヨークで設立されたレ
コード会社です。キャリー兄弟は、もともとジャズのレコードを作っては売っていま
した。70年代に入って、ラテン系のレコードも作り、さらに、74年ごろから大きな動
きとなりだしたディスコに注目し、ディスコ系のレコードも出すようになったわけで
す。そして、次々と大ヒットを出し始めました。

サルソウルは、ご存知のとおり、ラテンの「サルサ」と「ソウル」をあわせた新語で
した。当時のコンセプトとしてはかなり斬新でした。サルソウルが今回発売されるに
あたって、僕はダブル・エクスポージャーとサルソウル・オーケストラのライナーを
書きました。これは、2月に本ホームページにもアップします。両者ともかなりのリ
サーチをしたもので、けっこう読みでもあるかと思います。

サルソウルで一番アーティストっぽいのがロリータ、続いて、ダブル・エクスポージ
ャーあたりかな。サルソウル・オーケストラはアルバム枚数は一番出してますね。あ
のレインボウのレーベルデザインは、なかなかのものでした。

そして、サウンド的にはつくづく、アール・ヤングという人のドラムスがすごいな
あ、と改めて痛感したわけです。この人のことは、もっと研究してみたいですね。

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Comments are closed.