Grammy Nominations

新人賞。

来年のことを言うと鬼が笑うそうですが、来年そうそうの話をしましょう。

昨日『ソウル・ブレンズ』内で、今年のベストオブ的に3曲を選んだのですが、その中で、ノラ・ジョーンズを再度紹介しました。4月に紹介したときには、まさかこんなスーパースターになるとは夢にも思いませんでした。

今年の新人のブレイクの中では、きわめて大きな成功を収めたアーティストといっていいでしょう。ライヴも大好評でした。アルバム、アメリカでジャズながら200万枚ですからねえ。これは、すごい。

で、話は、どんどん突き進むわけですが、はやくも、来年のグラミーのノミネーションにはいるかどうか、っていうことなんですね。最近は、グラミーを当てに行くのではなく、グラミーのノミネーションを当てに行くという、まあ、マニアックなメンタリティーにもなっているわけで。

来年1月7日ノミネーションが発表されます。その中で、やはり、「ベスト・ニュー・アーティスト(新人賞)」に一体誰が来るか。

こんな名前が可能性ありです。

ノラ・ジョーンズ、アヴリル・ラヴィン、アシャンティ、ミッシェル・ブランチ、ジョン・メイヤー、ヴァネッサ・カールトン、ダニエル・ベディングフィールド、ザ・コーリング、そして、B2Kなど。

そして、おもしろいことに過去6年間、この部門はすべて女性シンガーが獲得しているんですね。

僕は、ノラ・ジョーンズを本命に、アヴリル、アシャンティあたりを対抗にしたいところ。グラミーの選考委員の音楽的嗜好から行くと、まず、ノラ・ジョーンズは固いと思います。

ノラにスポットを当ててみた場合、彼女が入れるカテゴリーは他に、「アルバム」、「レコード」、「ソング」の主要3部門に加え、「ベスト・ポップ・フィメール」、「ポップ・ヴォーカル・アルバム」、
「ベストR&Bフィメール」、「ベスト・ジャズ・ヴォーカル・パフォーマンス」など計8部門にものぼります。わお、すごいな。来年のグラミーは、前年がアリシア・キーズ、インディア・アリーに注目が集ったように、ノラにスポットがいくかもしれません。そうすると、また、これが売れることになりますね。

1月7日にノミネートが発表されたあと、2月23日、今回はニューヨーク・マディソン・スクエア・ガーデンで発表されます。

And the winner goes to…

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Comments are closed.