Carl Thomas’s New Album And His Coming Japan Tour…

【カール・トーマス最新作『ソー・マッチ・ベター』と来日・・・】

偶然。

11月に来日するカール・トーマスについての打ち合わせをするために恵比寿ウェスティンのコーヒーハウスで、レコード会社の方と待ち合わせ。カールは、以前バッドボーイ・レーベルから2枚のアルバ を出し、3作目が日本で5月に出た『ソー・マッチ・ベター』(フォーミュラ・レコーディングス)。最初のアルバ 『エモーショナル』がリリースされたのが2000年 から、もう7年も前のこと。ここに入っていた「アイ・ウィッシュ」は個人的にひじょうに好き った。

横浜に、この「アイ・ウィッシュ」をうまくカヴァーするブラックのシンガーがいて、よくピアノバーで彼にリクエストした。というより、彼自身がその曲が大好きで­っていて、それが僕も気に入っていたの 。あの彼は今、どこに? (笑)

この新作は、元­CAレコードのエグゼクティヴであり、元モータウン社長でもあったジェリル・バズビーがアメリカで興したアンブレラ・レコードからの作品。アメリカではユニバーサルが配給しているが、日本はフォーミュラ・レコーディングスがライセンス契約しリリースしている。このフォーミュラからは昨年一足先にケイシー&ジョジョのケイシーのソ­アルバ が出た。

来日前に電話インタヴューして、新聞に掲載という話もあったの が、紙面の都合がつかず、結局ライヴ評を書くということで落ち着いたところ った。来日時にインタヴューでもしましょうか、あるいは、レコード会社ではラジオ・プ­モーションを考え­といった話 った。個人的には、­ース・スゥエットに続いての来日男性ソウル・シンガーで期待もしていた。

彼のファースト・アルバ 『エモーショナル』は、プラチナ ・ディスクに輝いた。しかし、まったく予期せぬ悲劇が襲う。2004年10月31日、彼の2­年上の兄が急­するの 。兄は、地元イリノイ州で、十代の若者たちによる車からの無差別銃撃の銃弾に倒れ、亡くなったのである。

この兄の­で彼は決定的に落ち込み、そして人生について深く考えたという。このときバッドボーイは、そのニュースをカールのファンに知らせることもなかった。さらに2作目の制作課程で、作品への介入が前作に比べ著しく大きくなり、カールはレーベルと対立。2作目は完成させ、結局ヒットになるが、その後、バッドボーイと袂を分かつことになった。

兄の非­の­を知ってアルバ を見ると、兄の墓石に手をかけるカールの写真が胸を打つ。アルバ は彼へのトリビュートになっており、各曲を見ていくと、その亡き兄を思う作品がいくつも収録されている。インタールードの「アイ・ミス・ユー」など、まさに兄へのメッセージ 。アルバ の内容はなかなかいい。

さて、その担当者Sさんが実は1980年代に僕がアドリブという雑誌で連載していた「プリンス物語」を熱心に­んでいて、それでプリンスとか、ジャ &ルイスとか、ミネアポリスもの、ひいては当時のブラック・コンテンポラリー系のレコードにのめりこん 、という話になった。あれを­まれていた方、けっこういるんです­え。ツナさん。(笑) カール・トーマスの最新作にもジャ &ルイスのてがけた曲が入っている。

で、ミネアポリス雑談などをしているとSさんの携帯にメールが入った。みるみるうちに表情が激変。「カール・トーマス、来日­­のメールが転送されてきました・・・」 おおおっ。じゃあ、この打ち合わせは、水泡に帰す? (笑)

ところで、カール・トーマスの日本盤発売レーベルは先ほどから書いているが「フォーミュラ・レコーディングス」という。カールの­史を紐解くと、彼はバッドボーイと契約する前に、エピックレコード所属のグループに参 していたという。そのグループの名前が、なんと「フォーミュラ」というもの った。偶然!

カール・トーマス 最新作『ソー・マッチ・ベター』

ソー・マッチ・ベター
ソー・マッチ・ベター

posted with amazlet on 07.10.18
カール・トーマス ベビー・シャ デイブ・ホリスター ララ・ハザウェイ ブランディ
フォーミュラレコーディングス (2007/05/30)
売り上げラン­ング: 54616

『エモーショナル』

EMOTIONAL
EMOTIONAL

posted with amazlet on 07.10.18
カール・トーマス
アリスタジャパン (2000/05/24)
売り上げラン­ング: 28965

やっぱり、「アイ・ウィッシュ」は傑作。

ENT>MUSIC>ARTIST>Thomas, Carl

This entry was posted in ARTIST. Bookmark the permalink.

Comments are closed.