Gerald Levert Dies Of Heart Attack At 40

【ジェラルド・リヴァート心臓発作で40­で急­】
急­。
R&Bシンガー、ジェラルド・リヴァートが2006年11月10日(金曜)、オハイオ州クリーヴランドの自宅で心臓発作のため急­した。40­ った。家族によると、就寝­に他界した模様。クリーヴランド郊外のジョーガ・メディカル・センターに運ばれてきた時には、すでに­去していた、という。ジェラルドはグループ「リヴァート」のリードシンガー。ソ­としても活躍。父親は数々のヒットを放ったオージェイズのエディー・リヴァート。父親の出身地、オハイオ州カントンには、彼らの名前を したストリートがある。
アトランティック・レコードは、「アトランティックの全スタッフはこのまったく予期せぬ彼の­に衝撃を受け、深い悲しみに包まれている。私たちの時代のもっとも 晴らしい声の持ち主の一人 った。シンガーとして けでなく、プ­デューサー、ソングライターとしても 晴らしかった」とコメント。
パティー・ラベルは「私にとっては、息­のような­在。驚くべき才能の持ち主 った。大変なハードワーカーで、行くべきところに行き、すべきことをする人物でした。仲間がいるところにはいつも現れ、人々に触れたものです」と述べ、葬儀で­うと語った。
ジェラルド・リヴァートは1966年7月13日、オハイオ州クリーヴランド生まれ。父親のエディー・リヴァートは、フィラデルフィア・サウンドで人気となったR&Bヴォーカル・グループ、オージェイズのリード・ヴォーカル、エディー・リヴァート・サー。ジェラルドは1984年に、弟のショーン・リヴァート(1968年9月28日生まれ)と幼少時代からの友人マーク・ゴードンとともにR&Bヴォーカル・グループ、リヴァートを結成。
1985年、地元のインディ・レーベル、テンプレから出した「アイ ・スティル」が小ヒット。その後メジャーのアトランティックに移籍し、1986年7月、「(ポップ・ポップ・ポップ・ポップ)ゴーズ・マイ・マインド」がブラックチャートでナンバーワンとなり、一躍人気グループに。以後、「カサノヴァ」(1987年)、「アディクテッド・トゥ・ユー」(1988年)、「ジャスト・クーリン」(1989年)など多数のヒットを生み出した。
1991年には 画『ニュー・ジャック・シティー』のサウンドトラックで、父親たちのヒット曲「フォー・ザ・ラヴ・オブ・マネー」、「リヴィン・フォー・ザ・シティー」をカヴァー。
さらに同年、ジェラルドはグループ活動とは別にソ­活動を開始。初ソ­アルバ 『プライヴェート・ライン』を発表。この­で父親エディー・リヴァートと「ベイビー・ホールド・オン・トゥ・ミー」をデュエット。これは1992年になってからブラックチャートでナンバーワンを記録する大ヒットになった。
弟のショーン・リヴァートも1995年、ソ­・デビュー。ショーン名義の1995年作品「セイ ・ワン」には、ジェラルド、さらに父エディーも参 した。1995年には、ジェラルドとエディーは『ファーザー&ソン』というアルバ を発表している。
ジェラルドは、1997年、R&Bシンガー、­ース・スゥエット、ジョニー・ギルとともに、ワンショット的に「LSG」というグループを結成。これは、リヴァート、スゥエット、ギルの ­文­を取ったもの。
最新作はジェラルド・リヴァート名義がスタジオアルバ としては2004年の『ドゥ・アイ・スピーク・フォー・ザ・ワールド』、2005年にこれまでの作品を集めたコンピレーション的アルバ 『ヴォイセス』を出している。また、グループ、リヴァート名義では1997年の『ザ・ホール・シナリオ』で、その後2001年ベストが1枚でた。
父親­りの荒々しくソウルフルな­唱が最大の­力で、80年代の­えるシンガーとして大きな人気を博した。
ジェラルドには4人の­供がいる。
Do I Speak for the World
Do I Speak for the World
Voices
Voices
ENT>OBITUARY>Levert, Gerald/July 13, 1966 – November 10, 2006 (40)

This entry was posted in OBITUARY. Bookmark the permalink.

2 Responses to Gerald Levert Dies Of Heart Attack At 40

  1. k.m.joe says:

    これからの活躍が楽しみな人 った けに残念です­。親父をリスペクトし、そこから自分なりの音楽を創ろうとして我々もその現 に立ち会えるのも間もなくという感じ ったんですが・・・。

  2. Yoshioka says:

    k.m.joe さん
    ほんとうです­。これからという時期に­。ひじょうに残念です。ルーサーとは別の意味でショックです。\r