Diana Ross Has Two New Albums: They Are Like Twins (Part 2)

(昨日からのつづき)
【ダイアナ・­ス双­のアルバ 】
旧作。
もう1枚の『ブルー』は、彼女が 画『レディー・シングス・ザ・ブルース(邦題、ビリー・ホリデイ物語)』を製作­にジャズ・シンガーとしてのダイアナの­力を出そうとしてレコーディングされた作品。文­通り、スタンダードばかりを録音したもの。エスター・フィリップス、ダイナ・ワシントンなど多数のヴァージョンがある「恋は異なもの」を皮切りに、「アイ・ラヴズ・ヤ・ポーギー」などなど、古いスタンダードが並ぶ。これらの声はさすがに若い。
録音されたのは、1971年暮れから1972年にかけて。いくつかは『レディー・シングス・ザ・ブルース』で­われる可能性もあった。 画はダイアナの初の 画で、伝説のジャズ・シンガー、ビリー・ホリデイの自伝もの。そこで、彼女は多くのスタンダードやビリーの作品を­った。『ブルー』のプ­デュースをてがけたのは『レディー・・・』をプ­デュースしたギル・アス­ー。
 画の延長線上でスタンダードばかりを­ったアルバ を作った。72年10月に 画が公開され、ヒット。73年3月にはアカデミー賞でノミネートされるものの受賞には至らなかった。しかしレコーディングされたスタンダード・アルバ は、ベリー・ゴーディーの意向で没になる。ちょうど、その モータウンはダイアナをジャズ・シンガーよりも、よりポップな路線で売ろうと考えた。そのためこのジャズ・アルバ はお蔵入りとなったの 。そして、まもなく、ベリー・ゴーディーはダイアナ・­スのポップ路線のシングル「タッチ・ミー・イン・ザ・モーニング」をリリース。これが全米ナンバーワンとなり、その目論見は大成功する。
それから30年余。2002年、­ッド・スチュワートはスタンダードばかりを録音した『グレイト・アメリカン・ソング・ブック』をリリース。これが見事に大ヒット、人気を得て第4集までリリースされまでになった。その第4集で­ッドはデュエットの相手のひとりに、ダイアナ・­スを迎え「アイヴ・ガット・ア・クラッシュ・オン・ユー」を­った。この時のプ­デューサーがスティーヴ・タイレルである。すべての機は熟した。そのスティーヴが、今度のダイアナの『アイ・ラヴ・ユー』でも5曲をプ­デュースした。
モータウンの倉庫には多数の未発表音源がある。ダイアナが新しくスタンダードを録音している話を聴いてか、聴かずか、彼女のスタンダードを掘り起そうということになる。そして、出てきたのがこの『ブルー』というアルバ  。
『アイ・ラヴ・ユー』は、ダイアナが­供たちとニルソンの「リメンバー」を聴いている時に、昔の思い出の­を録音しようと考えついた、という。2005年から2006年にかけてレコーディングされた『アイ・ラヴ・ユー』と1971年から1972年にかけてレコーディングされた『ブルー』には34年の­月の隔たりがあるが、どちらもスタンダードを­ったという点では同じ 。そして、その2枚のアルバ が2006年というこの年に、あたかも、双­の作品のように、世に出ることになったのである。
ブルー
ダイアナ・­ス
ユニバーサルクラシック
縁は異なもの
ノー・モア
レッツ・ドゥ・イット
アイ・ラヴズ・ヤ・ポーギー
スマイル
バット・ビューティフル
ハド・ユー・ビーン・アラウンド
リトル・ガール・ブルー
­ャント・ゲット・スターテッド・ウィズ・ユー
ラヴ・イズ・ヒア・トゥ・ステイ
ユーヴ・チェンジド
マイ・マン
イージー・リヴィング
ソリチュード
ヒーズ・ファニー・ザット・ウェイ
テイント・ノーバディズ・ビズネス・イフ・アイ・ドゥ

ブルー
ブルー
posted with amazlet on 06.10.11
ダイアナ・­ス
ユニバーサルクラシック (2006/09/20)

ENT>MUSIC>ALBUM>Ross, Diana

This entry was posted in ALBUM. Bookmark the permalink.

Comments are closed.