More Black Eyed Peas: What Will Come Next After Elephant And Monkey

【ブラック・アイド・ピーズ】
次。
Bridging the Gap今回で4回目の来日となるブラック・アイド・ピーズは、まさに旬の勢いが爆発している。いくつか気づいたことを簡単に。
ファギーは「シャット・アップ」で右手にマイクを持ち、片手で前回転をする。5回くらいか。かなりの­肉質 。これはすごいな。(笑) 
セットリストの「テーブルス&ソ­」は、二人がテーブルと椅­のようなものをステージに持って、それらをステージの床に叩いて、音を すもの。『ブリング・ダ・ノイズ』や『ストンプ』を思い出した。彼らもそのあたりのパフォーマンスを見て、アイデアを得たの ろう。ここで、机を叩くスティックを舞台そでのスタッフにワンバウンドで投げるの が、スタッフからそれが直接投げ返され、彼が­ャッチして、また叩きつづける。
Behind the Frontた ここで­ック風ギターのソ­、サックスのソ­などが演奏されるが、別にバンドの演奏技術で勝 するミュージシャンではないので、これはカットできる ろう。この部分を他のヒット曲に差し替えてもらうともっといい。
いわゆる「ニュー・クラシック・ソウル」に「ヒップ・ホップ」の要 をふん んにとりいれた音楽性、それがBEPの特徴のように感じた。ファギーひとりが わることによって、ブラック・アイド・ピーズには「彩り(いろどり)」がついた。
3作目のタイトルは『エレファンク』、「エレファント(象)」をもじったもの。4作目は、『モン­ー・ビジネス』。猿 。では、5作目の動物は何になるの ろうか。ネコ、犬? それとももっと大きく、­リンとかワニとか。
来日は2001年、2004年2月、2005年9月以来。
それにしても、「世の­どうなってしまったん 、愛はどこへ行った」と­う「ホエア・イズ・ザ・ラヴ」は、「21世紀の『ホワッツ・ゴーイング・オン』」になりつつある。まさに永久不滅曲 。この曲は彼らが2001年12月26日から録音し始めた作品ということで、まさに2001年9月11日のテ­での衝撃を­にしたもの 。
ジャケットを見ていたら、彼らのツアーの条件の詳細がでていた。4人はファースト・クラスをそれぞれ2­ずつ使うの­。
 ブラック・アイド・ピーズ前前回のライヴ記事
2004/02/12 (Thu)
Black Eyed Peas Live At Ebisu Garden Hall: Love Is There
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200402/diary20040212.html
ENT>MUSIC>LIVE>Black Eyed Peas

This entry was posted in LIVE. Bookmark the permalink.

Comments are closed.