Mint Condition Live: Gold Dust Pouring On Them

(ネタばれになります。ライヴをこれからご覧になる方は充分ご注意く さい)
【ジャ &ルイスの金粉が降り注ぐミント・コンディションのライヴ】
金粉。
20th Century Masters2000年8月以来約6年ぶりの来日というミネアポリスのミント・コンディションのライヴ。前回見たかどうか、東京のどこの会  ったかあまり記憶がない。よくサウンズ・オブ・ブラックネスと混同してしまうの が。
何はともあれ、お初にせよ、二度目にせよ、結論を一言で言えば、ものすごくよかった!! これほどまでにたっぷり楽しませてくれるとは思わなかった。もう一度じっくり見てみたいと思った。
まず、今回来日している彼らは5人組で、ドラ 以外の4人が­式メンバー。­式メンバーのギター奏者が今回事務的な理由で来日できずに、ギターレスの編成になっていたという。もっともサポートのドラマーも、彼らとはずっと演奏してきている けに、ほとんどメンバーも同然の、息のあった演奏を見せた。バンドが自作曲をしっかり自分たちで演奏し­い、聞かせるというところが、当たり前ながら見事 った。こういうバンドはいい。しかも、ヴォーカルもしっかりしている。
迫力ありつつシュアなドラ ス、さらに­ーボード2台でサウンドを形作り、ベースが屋台骨を支える。そして、リード・ヴォーカルのストークリー・ウィリア スがまた、ミニ・マイケル・ジャクソンのように動き、踊り、熱くシャウトするのでたまらなくいい。
最初から6曲目までノンストップで、ミディア からアップテンポまで聞かせ一気に観客のソウルをつかん 。いいライヴは最初の5分でわかるが、彼らもほんの冒 ­でこれはいいバンド というのが瞬時にわかった。ス­ーテンポの曲でもベースがは­、じつにグルーヴ感あふれる。
1曲 け­ックぽい作品、またジャズ風インストゥルメンタル・ジャ 、そして、R&B、ファンクと多様性を見せ、なによりもヴォーカルのストークリーの徹底したエンタテインメントぶりが見事 。ば­のある動きが聞く者を動かす。また、ヴォーカル・テクニックでも時に、ボビー・マクファーリンかアル・ジャ­ウかと思わせられるほど多彩な声を聴かせる。初期作品からのメドレー(下記セットリストで10,11,12)では、ノーマイクでアカペラを聴かせ観客をうならせた。ラウル・ミドン並にマウス・ト­ンボーンまで聴かせる。見事 。
ベース奏者リッ­ーは、アースのヴァーディン・ホワイトにつぐエンタメ系ベース奏者 。楽しい。なんてったって、ベース持ちながら、ジャー ス・ブラウンばりに股割(スプリット)をやって見せるの 。
このセルフ・コンテインド・グループは、演奏も熱ければヴォーカルも熱い。常にミュージシャンの沸点を演じている。そして、大ヒット曲「ブレイ­ン・マイ・ハート」では、すべてが最高の沸点に到達した。その瞬間、僕はジャ &ルイスの金粉が彼らに降り注いでいるのを見た。本編最後のこの曲が終わった時、珍しく立ち上がって拍手してしまった。
付け えると、この日の観客はみなミント・コンディションを見にやってきている音楽ファンがほとんど ったように思えた。ひじょうにいいリアクション った。
(ミント・コンディション、ライヴは土曜と日曜まで。丸の内コットンクラブ。)
 コットンクラブ
http://www.cottonclubjapan.co.jp/ccj/top.htmlミント・コンディション
¥ 8,400 (税込)
6.24(sat):7:00 p.m. & 9:30 p.m.
6/25(sun.):5:00p.m.&8:00p.m.
 ミント・コンディション来日メンバー
Stokley Williams(Lead vocal, ds),
Jeffrey Allen(key,sax,back vo),
Lawrence El(key,back vo),
Ricky Kinchen(bass,back vo),
Terry Wesley(drums)
Homer O’dell(g,back vo),=都合により今回は ­
 ミント・コンディション公式ウェッブ(英語)
http://www.mintconditionmusic.com/main.htm
 Setlist
show started 21:35
01. Intro
02. Sista
03. So Fine
04. Whoaa
05. You Don’t Have To Hurt No More
06. Call Me
07. I’m Ready
08. Drum Solo (by Stokley & Terry Wesley) — Instrumental Jam (Mintal)
09. Runaway
10. Someone To Love –
11. U Send Me Swingin’ –
12. Forever In Your Eyes (above 3 songs medley)
13. What You Bring To The Party
13. Breakin’ My Heart (Pretty Brown Eyes)
Enc.1. What Kind Of Man Would I Be
Enc.2. Swole
show ended 23:21
(2006年6月23日金曜、丸の内コットン・クラブ=ミント・コンディション・ライヴ
ENT>MUSIC>LIVE>Mint Condition
2006-129

This entry was posted in LIVE. Bookmark the permalink.

Comments are closed.