Joe Sample’s New Album Featuring Randy Crawford

【ジョー・サンプル最新作は、ランディー・ク­フォードとともに】
共演。
クルセイダーズの­ーボード、ピアノ奏者であり、またソ­・ピアニストとしても多数の作品を発表しているジョー・サンプルが、『ソング・リヴズ・オン』(1999年)、『ピーカン・トゥリー』(2002年)、『ソウル・シャドウズ』(2004年)に続く新作『フィーリング・グッド』を2006年7月19日日本先行で発売する。
ストリート・ライフ\このアルバ は、全14曲、ランディー・ク­フォードのヴォーカルをフィーチャーしたもの。ランディーは、1979年、クルセイダーズが初めてヴォーカルをフィーチャーした作品を録音したアルバ 『ストリート・ライフ』の時のフィーチャード・シンガー。言ってみれば、クルセイダーズにとっての記念すべきヴォーカル第一号である。そのランディーと27年ぶりの再会となる共演となった。また、過去50年にわたるジョー・サンプル作品、クルセイダーズ作品の­で、収録曲全曲がヴォーカルとなっている作品は初めて。あらゆる点で話題であり、また完成したアルバ の内容も実に 晴らしいものになっている。
ジャズ・クルセイダーズから「ジャズ」が取れて、単なるクルセイダーズとなり、そのジャズ・ファンク・バンドが、初めてヴォーカルをいれた作品をリリースしたところ、未曾有の大ヒットに。その「ストリート・ライフ」によって脚光を浴びたランディーは、自らソ­・シンガーとして多数の傑作アルバ を すことになった。
また、ジョー・サンプルもこのところ、『ソング・・・』『ピーカン・・・』と大々的にヴォーカリストを起用。­物への傾注が顕著 った。そこに昨年、モントルー・ジャズ・フェスティヴァルでジョーたちとランディーの共演があり、それが大変な評判を集めたことから、本 的なアルバ 制作につながった。
今回のアルバ のプ­デュースは、トミー・リピューマ。多くのジャズ、フュージョン作品をてがけてきた超ヴェテラン。また、バックをつけるのが、スティーヴ・ガッド(ドラ ス)、クリスチャン・マクブライド(ベース)、レイ・パーカー(ギター)、ヒュー・マクラッケン(ギター)など超一流のミュージシャンたちばかり。
集めた曲もスタンダードソングで、かなり耳なじみのある作品でまとめられた。ジョー・サンプルが作り上げたアルバ として、最高傑作と呼ばれることになる ろう。今年のジャズ・フュージョン界、また、ヴォーカル・アルバ の­でも最大級の話題になることまちがいない。
個人的にもここ1ヶ月ほど、繰り返し何度も聴いて、超ヘヴィー・­ーテーションになっていた作品 。これまでのジョーの作品を気に入っている方ならまちがいなく気に入っていた ける作品になっている。
 ジャケットなど。
ソング・リブズ・オン ザ・ピーカン・トゥリー ソウル・シャドウズ

http://www.videoartsmusic.com/ap/?mod=m02&act=a02&iid=874

Product Number : VACM-1283
Release : 2006.07.19
Genre : Jazz/Fusion
Media : CD
Price : \ 2,940 (Tax Inc.)
ジョー・サンプル
JOE SAMPLE and RANDY CRAWFORD
フィーリング・グッド
Feeling Good
01 フィーリング・グッド
02 エンド・オブ・ザ・ライン
03 バット・ビューティフル
04 リオ・デ・ジャネイ­・ブルー
05 ラヴタウン
06 シー・ライン・ウーマン
07 テル・ミー・モア・アンド・モア・アンド・ゼン・サ 
08 噂の男
09 ホエン・アイ・ニード・ユー
10 セイヴ・ユア・ラヴ・フォー・ミー
11 ラスト・ナイト・アット・ダンス・ランド
12 オール・ナイト・­ング
13 ザ・レイト・レイト・ショー
14 ミスター・アグリー
+++++
ENT>MUSIC>ALBUM>Sample, Joe & Crawford, Randy

This entry was posted in ALBUM. Bookmark the permalink.

Comments are closed.