October 20, 2006

Gats Live; Soulful Wonderer Gats

【全国をギター1本で回る流離のソウル・シンガー、ガッツ】

流離(さすらい)。

「ソウル・サーチン」でもおなじみのシンガー、ガッツが全国ツアーを開始。その第2日目を目黒ブルースアレーで見た。なんと今回のツアーは10月17日の仙台を皮切りに、12月28日、29日の横浜モーションブルー2デイズまで、約3ヶ月にわたって計34本! すごい本数のライヴだ。これを全部自分でブッキングしたという。この他に何本かイヴェント出演などもあるという。(ツアー予定などは、ガッツのホームページを参照) 

http://gats.tv/

全国ツアーの多くは、基本的にはひとりアコースティック・ライヴだが、この日のブルースアレーはドラムス、キーボード、ベースとガッツという4人組バンド。

前半がカヴァー多め、後半がオリジナル中心のライヴだった。この日、彼の歌うカーティス・メイフィールドの名曲の数々(「メイキングス・オブ・ユー」、「ピープル・ゲット・レディー」、「トリッピン・アウト」)を聴いていると、次の「ソウル・サーチン:ザ・セッション第二回」は、カーティスかなあ、などと心が傾く。

ガッツは何より声がよく、歌もうまいので、しっかりしたバンドとともにライヴがそつなく進行する。今回初めて聴いた作品では、ブラッド・スゥエット&ティアーズの「スピニング・ホイール」のアレンジが実にかっこよくてよかった。また、「トリッピン・アウト」の途中では、「アーニー・アイズレー風ギターをやってみたいと思います」と言ってギター・ソロを聴かせた。「ソウル・サーチン」、次回アイズレーも候補なんだよなあ・・・。(笑) 

一緒に見ていた岡”アフロヘアー”伸昭さんが、「これって、ソウル・サーチンへの挑戦状じゃあないんですかあ?(笑)」ともらした。ははは。

日本語のオリジナル楽曲も、かなりこなれており、ライヴで何度か聴いているうちに覚えてしまう。全国各地に行く時、1曲なにか決めて、ガッツ、有線放送も周るといいよ。

最後のアンコールは、ガッツとも旧知の鈴木桃子さん、また、ダンスマンのいとこ(実はダンスマンが素顔で登場!)らが登場して、スティーヴィーの「スーパースティション」を歌った。

ところでガッツは、この30本以上のライヴをすべて自分の車で運転して移動する。宿が取れないときには、車の中でも寝られるようになっているという。また、全国各地のライヴハウスに行くと、何人か同じようなライヴハウス・ツアーをしているミュージシャンの名前を見かけるようになる。あちこちの店で、よく見る名前を覚えていくわけだ。そんな放浪のミュージシャンたちと基本的にはなかなか会えないが、たまに会うと「あちこちでてるねえ」とお互い、旧知の仲のように思えてくるという。

また、あちこちで歌うと必ずその土地その土地に何人かガッツの音楽をものすごく気に入ってくれるミュージシャンやファンがいて、そうした人たちのネットワークから、次はこっちへ来て歌ってくれ、などと声がかかるそうだ。ガッツの音楽なら、一歩一歩ゆっくりでいいので、ちゃんと人に聴かせれば、聴く人は確実に増えていくはず。

ギター1本で全国を周るガッツは、まさに流離(さすらい)のソウル・シンガーだ。現代版ソウル寅さんなんてイメージもおもしろいかもしれない。(笑) 

++++

ガッツのライヴは都内で近いところでは10月27日(金)表参道・音楽室で、鈴木桃子&ガッツ&ゲイリー・スコットがあります。

●音楽室・ウェッブ

http://www.ongakushitsu.jp/

また、ガッツは来る11月4日(土)NHK-FM『ソウル・ミュージック・ライヴ』(放送は午後6時から午後10時まで)に出演します。この日は他にカリフラワーズ、ガッツとともに有坂美香、ズーコ、村上てつやなども出演する予定。

■ガッツ関連記事

2003/06/27 (Fri)
GATS TKB SHOW Live At Shibuya Boxx
http://www.soulsearchin.com//soul-diary/archive/200306/diary20030627.html

2004/11/18 (Thu)
Spirit Of The Boogie Live At Blues Alley
http://www.soulsearchin.com//soul-diary/archive/200411/diary20041118.html

2004/11/24 (Wed)
GATS Soul Live At Motion Blue
http://www.soulsearchin.com//soul-diary/archive/200411/diary20041124.html

2005/03/04 (Fri)
Friends Joined Gats To Sing "What's Goin' On"
http://www.soulsearchin.com//soul-diary/archive/200503/diary20050304.html

July 12, 2005
Gats Live With The Funkiest Band In Tokyo
http://blog.soulsearchin.com/archives/2005_07_12.html

『車窓を奏でるメロディー』(3)
『その列車は、希望の灯火その列車の乗車券は、信念』
ガッツがもっとも得意とする「ピープル・ゲット・レディー」について
http://www.soulsearchin.com/periodical/l&g/l&g03.html

July 12, 2005
Gats Live With The Funkiest Band In Tokyo
http://blog.soulsearchin.com/archives/000383.html

March 16, 2006
Gats Birthday Live
http://blog.soulsearchin.com/archives/000895.html

July 03, 2006
"Soul Searchin' : The Session Vol.1" (Part 2): Full Of Roses In Her Arms
http://blog.soulsearchin.com/archives/001113.html

■メンバー

GATS(Vo/G) 坂本竜太(B) PENNY-K(Key) 杉山賢一郎(Ds)


Setlist セットリスト (Gats Live At Blues Alley Japan, 10/19/2006)
( )=original artist when its cover song

1st set
show started 19:40
01. What's Going On (Marvin Gaye)
02. I Just Wanna Sing
03. Makings Of You (Curtis Mayfield)
04. People Get Ready (Curtis Mayfield)
05. Spinning Wheel (Blood Sweat & Tears)
06. Stay
07. Long Vacation (超ヴァケーション)
show ended 20:40

2nd set
show started 21:06
01. 梅干の歌
02. Georgia On My Mind (+西脇辰弥=ハーモニカ)(Ray Charles)
03. 高速道路 (+西脇辰弥=ハーモニカ)
04. 明日晴れるかな (新曲)
05. 確かめたくて (新曲)
06. 会いたくて (新曲)
07. Trippin' Out (Curtis Mayfield)
08. Journey
09. ありがとう (+松田肇=ギター)
Enc. Superstition (+鈴木桃子=歌、ダンスマンのいとこ=歌、西脇辰弥、松田肇=ギター)(Stevie Wonder)
show ended 22:34

(2006年10月19日木曜、目黒ブルースアレー=ガッツ・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Gats
2006-195

投稿者 yoshioka : 03:33 AM | コメント (0)