The Closer I Get To You: The Performance Of The Genius

[2004/09/26]

天才。

『ソウル・サーチン・トーキング』でケイリブと飛び入りのレディー・ヨーコさんが歌った「クローサー・アイ・ゲット・トゥ・ユー」は、1978年の初頭のヒット。ロバータとダニーのデュエットで知られる曲です。ソウルチャートで1位になりました。彼らが手を組んだのは、72年の「ホエア・イズ・ラヴ」以来、約6年ぶりのことでした。最近ではビヨンセとルーサー・ヴァンドロスのデュエットでも話題になっています。

この曲、最後のパートで歌われたので、イヴェントの時には説明ができずに終りましたが、実は77年にレコーディングした時、ダニーは入院中だったんですね。バンドとロバータが録音し、その後、ダニーをほんの何時間か病院から連れ出して、さっと録音したということです。病気だったにもかかわらず、あのパフォーマンスを見せるわけですから、やはり、ダニーは天才でしょう。

これを書いたのは、元々ジャズの巨匠、マイルス・デイヴィス・グループにいたジェームス・エムトゥーメ、レジー・ルーカスの二人。彼らはマイルスのグループを辞めた後、なかなかポップのフィールドで仕事ができずに、ロバータのバンドの仕事などで食いつないでいました。積極的にデモテープを作っては、業界の知り合いたちに手渡したりしていましたが、そんな中から生まれたのがこの曲でした。

元々ソロシンガー用に書かれた曲で、ロバータはたいへん気に入り、ヴォーカルを何度も何度もいれなおしました。しかし、ダニーは療養中のため、ほとんど一度か二度の録音ですまさなければなりません。このダニーのヴォーカル・パフォーマンスからは、彼が病気であったことなどまったく想像だにできません。

この曲は結局ロバータのアルバム『ブルー・ライツ・イン・ザ・ベースメント』(77年12月発売)に収録され、78年になってから第二弾シングルとしてカットされ、見事な大ヒットになるわけです。さらにこのシングルの成功が、二人に再びデュエットアルバムを作らせることにつながるわけです。78年、ダニーとロバータはそのアルバム作りに取りかかります。そして、4曲をダニーが録音したところで、すべての時の流れが止まりました。79年1月13日、ダニー・自殺。その理由はわかりません。病気を苦にしたのか。キャリアに不安を覚えたのか。そして、彼は伝説になったわけです。