Laura Branigan Died At 47

ローラ・ブラニガン、47歳で死去。

シンガー、ローラ・ブラニガンが8月26日ニューヨークの自宅で、脳動脈瘤のため死去した。47歳だった。彼女はこの二週間ほど、友人に頭痛がすると言っていたが、特に医者に診てもらってはいなかった、という。ブラニガンは、1957年7月3日、ニューヨーク・ブリュースター生まれ。ハイスクール時代から学校でミュージカルなどを演じるようになり、エンタテインメントの世界にあこがれた。マンハッタンに移住してから、本格的に音楽活動を開始、70年代後半にはシンガー・ソングライター、レオナード・コーエンのバックコーラスなどの仕事をしていた。

1982年、アトランティックと契約。「オール・ナイト・ウィズ・ミー」は小ヒットだったが、続く「グローリア」が全米で最高2位を記録する大ヒットとなり、一躍注目のシンガーとなった。この曲自体は、元々79年にイタリアでウンベルト・トッツィーがヒットさせていたものの、アメリカ・ヴァージョン、カヴァーだった。

その後、「ソリテア」(83年、ポップで7位)、マイケル・ボルトンが書いた「ハウ・アム・アイ・サポーズト・トゥ・リヴ・ウィズアウト・ユー」(83年、12位)などのヒットを放った。後者は、89年にマイケル・ボルトン自身がレコーディング、シングルリリースし、さらに大ヒットとなっている。また映画のサウンドトラック(「フラッシュダンス」「ゴーストバスターズ」)などにも楽曲を提供していた。また女優としてもテレビ映画『白バイ野郎ジョン&パンチ』などに出演していた。

1996年夫が死去し、しばらくエンタテインメントの世界から遠ざかっていたが、2002年、ニューヨークで行われたジャニス・ジョプリンを描いたミュージカル『ラヴ、ジャニス』でジャニス・ジョプリン役を演じていた。

公式ページは、次の通り。

http://www.laurabraniganonline.com

オフィシャルのバイオと死亡記事がすでにでている。
http://www.laurabraniganonline.com/pr_current.htm

ENT>OBITUARY>Branigan, Laura / 2004.08.26 (47)

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Comments are closed.