The Movie “Maestro”: Valued Archives

資料的価値。

なるほど。ラリー・レヴァンが果たした功績というのは、計り知れないものがあるんですね。ニューヨークで80年代に大きな話題を集めたディスコ、パラダイス・ガレージのDJ,ラリー・レヴァンは、ハウス・ミュージックのブレイクに大きく寄与した人物。しかし、典型的なジャンキーで、つねにハイだった。彼は92年11月8日、38歳で亡くなる。38歳だったのか。ラリーを知る人たちの様々な証言が次々とでてくる。映画『マエストロ』だ。渋谷のシネマ・ソサエティーで毎日9時半から上映している。

このニューヨークのクラブカルチャーというのは、なかなかおもしろい。ひとりのDJが毎週末3000人の観客を躍らせ続けるというのだから、そのパワーは半端ではない。

80年代初期、正体不明の病気が流行り始めた。誰かがステージに立って、安全なセックスを訴えた。だが、誰もその話を聞いていなかった。仲間たちがどんどん死んでいく。「毎日会っていたような自分の友達が60人も死んでみろよ。どうなるか、って」とDJのひとりが言う。活況を呈していたクラブシーンにくさびを打ち込んだのが、エイズだったということが改めて浮き彫りになった。

映像の中には、キース・へリングが踊っているシーンがある。アップになってキースが映っているが、そのカメラが引いていくと、壁面にヘリングが描いた絵が映し出された。へリングも30代でエイズで死んでいる。

それぞれのコメントがヴィヴィッドで、当時のクラブシーンのことがなんとなく、そうだったのか、というふうにわかる。さすがに、当時のディスコの映像は少ないのだろう。それでも、ここではずいぶんと貴重な映像がはいっていた。

ドキュメンタリー作品としては、厳しいものがあるが、資料としては充分価値のあるものだ。なにしろ、現場の一次情報がふんだんに収められているのだ。こういう資料的価値があるものは、どんどんと紹介されるといい。

映画の前のドクターコヤマの、ラリーが来日したときの裏話などもおもしろかった。

http://www.nowonmedia.com/MAESTRO/

ENT>MOVIE>REVIEW>Maestro

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Comments are closed.