Earth Wind & Fire: The Video Collection: Live By Request

リクエスト。

アース・ウィンド&ファイアーのヴィデオ・クリップなどを集めたDVDが来日にあわせて9月に発売されます。タイトルは『ザ・ビデオ・コレクション』で、DVD2枚組。全部見るとおよそ162分、33曲というかなりのヴォリュームですが、これがなかなか楽しい。

1枚はこれまでのいわゆるPV(プロモーション用ヴィデオクリップ)集。「サーパンティン・ファイアー(太陽の戦士)」から、「ブギワン」、「ヘリテージ」などまで。さらに81年から83年の間に行われたと思われるライヴから「リーズンズ」などの映像も含め計17曲はいってます。ここにはモーリス、ヴァーディンを始め、ラリー・ダン、ローランド・バティスタなどの顔も見えます。

一方2枚目は、アメリカのケーブルテレビ局A&E(アーツ&エンタテインメント)チャンネルで99年7月に放送された番組『ライヴ・バイ・リクエスト』(約92分)をそのまま収録してあります。これは、初めて知ったのですが、音楽ファンにとってはかなりいい番組です。進行は、ひじょうにシンプル。

http://www.livebyrequest.com/

ニューヨークのスタジオから生放送。アーティストを招き、そこに観客をいれ、全米から電話などでリクエストを募り、リクエストをしてきた視聴者と電話でつなぎ、彼らのリクエストをその場で生演奏するというもの。ラジオ、インターネットでも同時放送しています。というわけで、番組名がずばり『リクエストによるライヴ』。

ちなみに、このときのアースは、フィリップ・ベイリー、ヴァーディン・ホワイト、シェルドン・レイノルズ、ラルフ・ジョンソンの4人。ここにはモーリスは残念ながらいません。バンドメンバーは、モリス・プレッシャー(キーボード)、ロバート・ブルッキンズ(キーボード)、ゴードン・キャンベル(ドラムス)、ゲイリー・バイアス(サックス)、レジー・ヤング(トロンボーン)など。しかし、モーリスは電話で途中で参加します。

びっくりしたのは、リクエストのコメントの中で、なんと今は亡きバリー・ホワイトの姿がでてきたこと。彼がアースの大ファンだと言い、『セプテンバー」をリクエストするのです。

モーリスがいないのはひじょうに残念なのですが、ダンサーの3人が激しく踊るので、とても華やかです。(笑) あと、DVDは5.1チャンネルになります。この番組、他のも見てみたいですね。すでに20本以上、放送したようです。

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Comments are closed.