Stars Would Sing For Ray Charles

葬儀。

6月10日(木)に死去したアメリカのソウル・シンガー、レイ・チャールズの葬儀が17日、18日にロスアンジェルスで行われる。17日は、ロスアンジェルス・コンヴェンション・センター内サウスホールで、棺は一般の人の弔問と記帳を受け付ける。

翌日18日午前10時からは、ハーヴァード・ストリートにあるファーストAME教会で近親者のみで葬儀が行われる。この葬儀は招待状を持っている人しかはいれない。ここにはスティーヴィー・ワンダー、ウィリー・ネルソン、BBキング、クリント・イーストウッド、グレン・キャンベル、シシリー・タイソン、ビリー・プレストンなどアメリカ・エンタテインメント界の錚々たるメンバーが参列する予定。

約2時間の葬儀の後、棺がチャールズのスタジオ(2107ワシントン・ブルヴァード)の横を通り、イングルウッド墓地へ行き埋葬される。このスタジオは去る4月にロスアンジェルスの記念建造物に指定され、その儀式にチャールズも出席。これが公にでた彼の最後の姿となった。チャールズは、その時、「私はこの場所が大好きだ。ここは長いキャリアの多くの時間を過ごした、私が唯一ホーム(我が家)と思える場所だ。私はここを決して去ることはない」とスピーチしていた。

18日(日本時間19日)に行われる葬儀で、スティーヴィー・ワンダー、ウイリー・ネルソン、BBキングは、トリオでチャールズに捧げる歌を歌う、という。チャールズの家族によれば、「このトリオによる演奏は、『感動的なお別れ』になるだろう」とのことだ。この他にも、クインシー・ジョーンズ、クリントン元大統領、ビル・コスビーなどが事前に録音されたもので、挨拶などをする予定。

++++++++++++

弔問。

今週のロスアンジェルスはレイ・チャールズのメモリアル・ウィークのようだ。木曜日には棺が一般の人にも公開され、記帳することができる。金曜は招待客のみの葬儀。参列者の名前を見るだけで、ためいきがでるほど。さすがに生中継などはないのだろうか。スティーヴィー、BB、ウィリーのトリオによる演奏は、ぜひ見てみたい。名前を聞くだけで、泣けてきそうだ。

話はまったく変わるが、スティーヴィーの新作『タイム・トゥ・ラヴ』がいよいよ7月21日に発売と発表されている。その発売に向けて、スティーヴィーは先日(6月8日)、全米の人気テレビ番組『オプラ・ウィンフリー・ショウ』に出演した。その模様については明日以降に紹介する。

ところが、この発売がまたまた遅れそうなうわさがでてきた。現在、スティーヴィーの新作発売に関連したブックレットの制作をしているのだが、さっき留守電に担当者から「発売日に変更がありまして・・・」と入っていた。「変更」か。前倒しは考えにくい。直接話をしていないのでわからないのだが、また遅れるのかなあ。2001年9月頃発売という話からおよそ3年。何度も言うように、スティーヴィーのアルバムは、「出たときが発売日」だ。(笑) このあたりについては、また詳細を報告します。

+++++

Billboard
http://www.billboard.com/bb/daily/article_display.jsp?vnu_content_id=1000532164
Edited By Jonathan Cohen. June 15, 2004, 4:10 PM ET

Charles: Public Memorial, Private Funeral

A public memorial for Ray Charles will be held Thursday (June 17) in the South Hall of the Los Angeles Convention Center. Charles died June 10 at age 73 from complications of liver disease.

The viewing will be open for eight hours beginning at noon. A book of condolences will also be available for mourners to sign.

A private funeral mass will be held at 10 a.m. the following day at the city’s First AME Church on Harvard Blvd. Willie Nelson, B.B. King, Clint Eastwood, Stevie Wonder, Glen Campbell, Cicely Tyson, Billy Preston, Rev. Jesse Jackson and L.A. Mayor James Hahn are among those expected to attend the two-hour, invitation-only ceremony.

Following the service, the funeral procession will pass by Charles’ recording studios. The building at 2107 Washington Blvd. was recently designated a city historical landmark in a ceremony that marked the performer’s final public appearance before his death.

“I love this place,” Charles said at the late April event. “It’s the only home I’ve truly had for most of my professional career and I would never leave it.”

Charles’ body will be interred at Inglewood Cemetery.

+++++

BBCnews
http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/music/3807595.stm

Tuesday, 15 June, 2004, 08:33 GMT 09:33 UK

Stars set for Ray Charles funeral

Stevie Wonder will play with Willie Nelson and BB King
Soul legend Stevie Wonder, country star Willie Nelson and blues singer BB King have announced they will give a musical tribute at singer Ray Charles’ funeral.
Charles, one of the most influential post-war US singers, died on Thursday aged 73 after battling liver disease.

Wonder, King and Nelson will play as a trio at the funeral on Friday.

Singer Glen Campbell will also be at the funeral, at a Los Angeles African American gospel church. The coffin will be on public display on Thursday.

‘Moving goodbye’

The funeral will take place at the First African Methodist Episcopal Church a day after the coffin is displayed at the Los Angeles Convention Center for fans to pay their respects.

Wonder, King and Nelson’s tribute “will be a very moving goodbye”, a Charles family spokesman said on Monday.

Recorded tributes from producer Quincy Jones, former US president Bill Clinton and comedian Bill Cosby are also expected to be played at the funeral.

Charles wanted to tour again in the summer

Other celebrities due to attend include actress Cicely Tyson and political activist the Reverend Jesse Jackson.

Charles, considered a pioneer of soul music, died of acute liver disease, which was diagnosed after he had hip replacement surgery in December.

Charles, who went blind aged six, kept a largely low profile during his recent ill health – but still managed to collaborate with other musicians.

The singer, who had made standards of songs such as Georgia on My Mind, Hit the Road Jack and I Can’t Stop Loving You, had played 10,000 concerts during a 58-year career.

He had planned to tour again this summer.

– Barry A. Jeckell, N.Y.

ENT>OBITUARY>Charles, Ray

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Comments are closed.