After Long Long Dull, Boring Moments, Star Of The Show Showed Up: Janet Jackson Performed “All Night” At MTV Award

甲斐。

MTVミュージックアワードの授賞式。今日の目的はひとつ。ジャネット・ジャクソンを見ること。場所は東京ベイNKホール。ひさびさです。それよりも、元々入場券が本当は土曜日に到着する予定だったのが、なんと宅配便の手違いで配送されずに、今日わざわざ配送所までピックアップしてから現地に出向いた。宅配便の置き忘れなんてあるんですねえ。配送所についたのがほぼ7時だったので、時間もなかったので「クレイムは改めて」と言って、浦安に向かいました。

大井南から高速に入り、道はそれほど込んでいなかったので、現地着は7時半。別のスタッフたちは先に行き、一時間前に到着していたそうです。最初のうわさではショウは5時スタートで、だいたい8時すぎにジャネットが新曲の「オールナイト」を歌うのではないか、そして、ショウは8時半終わりくらい、とのことだった。

しかし、遅れる遅れる。押す押す。間にやたら無意味な何もない時間があって、どうにもならない。賞をプレゼントし、コメントし、時折ライヴ・パフォーマンスがあったり、大道芸みたいのがあったりはするのだが、とにかく間延びする。まあ、テレビの収録のためのものだからしょうがないのかもしれないが。編集されたときには、びしっと決まってるのでしょう。アウトキャストのビッグボーイが「アイ・ライク・ザ・ウェイ・ユー・ムーヴ」、「ヘイ・ヤー」を披露、これはかなり盛り上がった。

10時過ぎに、さすがに待ちくたびれて、別の関係者に電話してきいてみると、「いまねえ、大体2時間押しみたいよ」とこともなげに言われた。「終るのは11時過ぎるんじゃないの?」 ひええええ。立ちっぱなしで、前日に続いてまたまた疲れた。(笑) 5時からいる人はどうなったんだろう。椅子があっても疲れそう。というより、ぞくぞくと帰っていく人もいましたが、彼らは次に出る人とか知らされていないんですよねえ。事前にある程度のプログラム発表したほうがいいんじゃないかなあ。

10時半。一足先にライヴを見せていた安室奈美恵が再びマイクを持って登場。「私は、今、この人に会ってパワーをもらってきました」と言ってその人を紹介しました。「ジャネット・ジャクソン!!!」 それまで後ろのほうで座っていた観客が立ち上がり、一斉にステージの前のほうに大挙して移動した。

ダンサー10人を従えて登場したジャネット。歌うは新曲「オールナイト」。あれ、これずいぶんミックス違うんじゃないですか。爆音で聞くから印象が違うのかな。それにしても、ミッシーにしろ、最近はダンサー10人単位かあ。これくらいの物量作戦でみせないと見栄えしないということでしょうか。でも、このジャネットのライヴパフォーマンスは、旬のものを充分に感じます。一曲終えるとステージ奥から再び安室ちゃん花束を持って登場。ステージ中央でその花束をジャネットに渡すと、ジャネットが「アリガトウ」と言って、舞台を後にした。

3時間待った甲斐はありましたが。ジャネット、もっと見たかったなあ。司会のぐっさんこと山口智充、孤軍奮闘でありました。

(2004年5月23日日曜・東京ベイNKホール=MTVヴィデオ・ミュージック・アワード授賞式)

ENT>MUSIC>EVENT>MTV Video Music Awards 2004
ENT>MUSIC>LIVE>Jackson, Janet

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Comments are closed.