Roots Music Talk Event At Kenwood Show Room

継続。

友人でもある音楽評論家、岩田由紀夫氏が隔月で開催している音楽トークイヴェント「ROOTS MUSIC トーク・イベント 音楽の達人 VOL.11」を見に行った。これは、偶数月の第三土曜日に有楽町のケンウッドのショウルームで行われているもので、司会が岩田氏、これに音楽評論家の天辰保文(あまたつ・やすふみ)氏、歌手のアヤ(Aja)さんが加わってひとつのテーマに沿って話をして、それらと関連したCDを聴くというイヴェント。ケンウッドの協力で、入場料は無料。

今回のテーマは、「尊敬するアーティストに捧げる曲(カヴァー曲)特集」ということで、カヴァー、トリビュート、ベネフィット作品などを特集して各人が選曲し、CDをかけた。約2時間のイヴェント。観客は約30名。ほぼ用意された席が一杯になっている。

基本的には、岩田さんが司会進行で、さまざまなトリビュートなどの基本的な情報を解説し、それに、天辰さん、アヤさんらがからむというスタイル。最後には、お客さんが持ってきたトリビュートアルバムから一曲づつかけるという趣向もあった。

岩田さんはさすがにFMでしゃべっているだけに、話が軽妙で、しかも話題の飛び方もうまく飽きさせない。天辰さんも、ぼそぼそっとした朴訥なところがいい味をだし、時々、会場の笑いをうまくとる。そして、歌手のアヤさんは、一般の人が持つ視点で話にからむ。

このイヴェントの告知ウェッブは次。

http://rootsmusic.clubdam.com/rn/stsp/stsp_0402.html

次回は4月17日(土曜)。テーマは、「ウェストコーストロック」について。ということで、天辰さんのもっとも得意とするところ。そういうタイプの音楽がお好きな方、興味のある方は、顔をだされてはいかがだろうか。一応、予約をされたほうがいいが、当日の一見さんでも大丈夫。

終った後、まず、天辰さんと挨拶。普段、お互い記事などは読んでいるが、さすがにコンサート会場で会うことはまずないので、かなり久しぶり。下手すると10年ぶりくらいかもしれない、ということで、名刺交換など。そして、岩田さんと挨拶。

岩田さんに尋ねた。「いやあ、このようなイヴェントずっとやられてるなんて知りませんでした。もう11回?」 「そう、隔月だから2年近いかな。最初は10人くらいしかいなかったよ。でも、やっぱり、こういうのを続けないと、洋楽がだめになっちゃうでしょう。どこでも洋楽かからなくなってるからねえ。こういうのは、何がなんでも継続することですよ」 「継続ねえ、そうですねえ」 「これって、そのまま録音して、どこかの放送局かなんかで放送すればいいのに」 「どこもやってくれないよ。(笑) どっか、売ってきてよ(笑)」 「コミュニティーFMだったら、やれるんじゃないですか?」「そうかもしれないね」 

そして、最初のうちは、友達とかにはあえて声をかけなかった、という。基本的には、ウェッブなどの告知を見てやってきた洋楽好きの人が来る、という。「友達だけで一杯になっても、そこからなかなか広がらないような感じがしてね」 なるほどねえ。ほら、僕も今度4月にいわゆる「トーク・イヴェント」みたいなことやるでしょう。いろいろ、参考になるところがありました。はい。

(2004年2月21日土曜日・ケンウッド・ショウルーム=ルーツ・ミュージック・トーク・イヴェントVOL.11)

ENT>MUSIC>LIVE>EVENT>Roots Music Talk Event Vol.11

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Comments are closed.