Nona Gaye Will Sing National Anthem At NBA All Star, After 21 Years Her Father Sang It

ノーナ・ゲイ、NBAオールスターで国歌斉唱

来る2004年2月12日(木)から16日(月)まで行われるアメリカ・バスケットボールNBAのオールスター・ゲーム・イヴェントで、ノーナ・ゲイが国歌斉唱を行う。ノーナがロスアンジェルスのステイプルズ・センターで歌うのは、土曜日の予定。ノーナ・ゲイは、故マーヴィン・ゲイの娘で、29歳。父マーヴィン・ゲイは1983年の同オールスターで国歌斉唱を行った。

今回の国歌斉唱では、かつてのマーヴィン・ゲイの音も使い、「ゴースト・デュエット」をライヴで見せる、という。この曲の音楽総監督は、ジャム&ルイスでおなじみのジミー・ジャムがてがける。デジタル処理された映像とともに、ノーナが歌う。

オールスターがロスアンジェルスに戻ってくるのは、ちょうど21年ぶり。つまり前回マーヴィンが歌って以来という。83年のオールスター・ゲームでどちらかが勝ったかを覚えている人は少ないが、マーヴィン・ゲイが国歌を歌ったことは、皆よく覚えているはずだ。

アブドゥール・ジャバールはこういう。「(マーヴィンの国歌は)ジミ・ヘンドリックスがウッドストックで歌った国歌を思い出させてくれた。マーヴィンは国歌の雛型を完璧に変えて、人々の目を覚ませたんだ。『オレたちは黒人で、同時にオレたちはアメリカ人だ』というコンセプトを見事に表した。国歌の解釈を変えてもいいということを知ったんだ」

今度国歌を歌うノーナ・ゲイは、ナタリー・コールの父親とのデュエット「アンフォーゲッタブル」と比べてこう語る。「その違いは、ナタリーはレコードで、私はライヴで歌うというところかしら。とても緊張するけど、興奮もするわ。私が父と一緒に歌うなんて信じられない」

父がオールスターで歌ったとき、ノーナはまだ8歳だった。それが彼女が見る最後のステージとなった。彼女は振り返る。「父のどこかに、自分は死にたいと思っていたところがあったようだわ。でも、自殺はしたくなかった。父と祖父は強烈な個性でぶつかっていて、お互い、好きにはなれなかった」

++++++++++++++++++

国歌斉唱。

ノーナ・ゲイがNBAオールスターで国歌を歌うという。83年のマーヴィンの斉唱はあまりに印象的だ。マーヴィンのヴァージョンはビデオにもなっているし、また、CD化もされているので、ご存知の方も多いだろう。それから21年後、その娘と父がゴーストデュエットで共演。これは見ものだ。一体どんな風になるのだろうか。

++++++

Pride and Joy : Marvin Gaye’s memorable national anthem still resonates 21 years after he sang it at L.A.’s NBA All-Star game

By David Davis, Special to The Times

The last time the NBA All-Star game was played in Los Angeles, Julius Erving led the East to a 132-123 victory over Kareem Abdul-Jabbar, Magic Johnson and the rest of the West team.

Few remember that game. What stands out about that 1983 All-Star game is Marvin Gaye’s revolutionary version of the national anthem.

With a hand-mixed tape providing a grooving backbeat, Gaye powered and simmered through Francis Scott Key’s patriotic warhorse, infusing it with equal parts soul, funk and gospel. For nearly three minutes, the capacity crowd of 17,505 at the Forum clapped in rhythm as 24 basketball superstars swayed in place along the foul lines.

“It reminded me of Jimi Hendrix’s anthem at Woodstock,” Abdul-Jabbar said. “Marvin changed the whole template, and that broadened people’s minds. It illuminated the concept, ‘We’re black and we’re Americans. We can have a different interpretation [of the anthem], and that’s OK.’ “

Next weekend, during the NBA’s All-Star Saturday night festivities at Staples Center, Gaye’s anthem will be reprised with a family twist. Nona Gaye will perform “The Star-Spangled Banner” in a duet with her late father, using digitally enhanced video and remastered audio of the original performance. Grammy Award-winning music producer Jimmy Jam will oversee the production.

“I’m nervous and exhilarated and honored at the same time,” Gaye said. “I can’t believe I’m going to sing with my daddy.”

Gaye, 29, compares the performance to Natalie Cole’s “Unforgettable” duet with her late father, Nat “King” Cole. The difference, she said, is that “I will be performing live, in front of millions of people. It’s a little more frightening, but a little more exciting.”

She also admits that the experience will bring back bittersweet memories. Gaye was 8 when she watched her father perform the anthem, but it would be the last hurrah for a singer whose genius was surpassed only by his personal torment and drug abuse. The next year, he was shot and killed by his father.

“I believe a part of Father wanted to die, but I also believe that he did not want to kill himself,” Gaye said. “My father and my grandfather were two volatile men who had not liked each other their entire lives.”

+++

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Comments are closed.