Soul Searchin’ Campagine

「ソウル・サーチン・キャンペーン」始まります

お知らせです。今月から12月一杯まで山野楽器全店で、「ソウル・サーチン・キャンペーン」と題するキャンペーンを行っていただくことになりました。期間中は拙書『ソウル・サーチン』とその物語で関連するCDを店頭で販売いたします。選出したアルバムは20タイトル。書籍も同じスペースに並べられます。期間中お買い上げの方から抽選で5名様に筆者のサイン入り本をプレゼントいたします。まだ『ソウル・サーチン』をお持ちでないかたは、この機会にぜひどうぞ。

                  記

『ソウル・サーチン・キャンペーン~R&Bの心を求めて』

期間 11月から12月一杯
場所 山野楽器全店
展開 吉岡正晴著『ソウル・サーチン』(音楽之友社・発行=2400円)とそこで語られる関連CDを販売。ソウル初心者にもわかりやすく説明し、紹介する。
特典 キャンペーン期間中、当該商品をお買い上げの方に、抽選で5名様に吉岡正晴著『ソウル・サーチン』(著者サイン入り)本をプレゼント
山野楽器のホームページ 
http://www.yamano-music.co.jp/index_soft.htm
ここからソウルサーチン・キャンペーンのところにお進みください。当該のCDの一覧リストがあります。

『関連イヴェント』

1.山野楽器提供『ソウルブレンズ』(毎週日曜日午後1時から5時インターFM=76.1MHZ)内『山野ミュージック・ジャム』(午後4時30分から50分)で3週にわたり『ソウル・サーチン』の特集

オンエアは11月9日、16日、23日。コーナーでは『ソウル・サーチン』で語られるアーティストのエピソードと関連曲などをオンエアーします。

2. イヴェント『ソウル・サーチン・トーキング』開催

また、これと関連し下記の通り来る11月27日(木曜)六本木のブレイブバーで「ソウル・サーチン・トーキング」というイヴェントを開催します。約30席ほどの小さなお店ですので、ご予約されたほうがいいかもしれません。(なお、予約メールはebs@st.rim.or.jp宛てでもけっこうです)

                 記

ソウル・サーチン・トーキング第1回 

日時 2003年11月27日木曜 開店19時
トークセッション&ミュージック 22時~23時(予定)
場所 六本木ブレイブバー
http://www006.upp.so-net.ne.jp/kova/BBAR/bravebar.htm
住所 東京都港区六本木5-18-1ピュア六本木ビル6階
電話 03-3587-2985 問い合わせも同じ。
行きかた 六本木交差点から東京タワー方面に向かいAXISビル角を右に入りすぐ左側。
地図 http://map.yahoo.co.jp/cgi-bin/ploc?nl=35.39.29.108&el=139.44.25.062&icon=mark_loc&l=1&cat=cat03
チャージ 1500円+ドリンク
その他 本の即売もする予定

テーマ 『来日直前・スティーヴィー・ワンダー特集。これが知りたい、あれが知りたい、スティーヴィーそのエイス・ワンダー(8番目の不思議)に迫る』

司会 島田奈央子http://www.flavor.fm/flavor/naoko_net/index1.html
ゲスト 吉岡正晴(音楽評論家)、内田英一(コメンテーター) (飛び入りゲストもありかも)

内容は、司会の島田さん(「サマーソフト」は彼女の永遠の子守唄)、内田さん(ブエノスアイレス午前8時の男=http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200303/diary20030314.html)、僕の3人でスティーヴィーについていくつかテーマを決めて、好き勝手におしゃべりしながら、スティーヴィーの曲を聴くというものです。スティーヴィー・トリヴィアなどスティーヴィー三昧の一時間余。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

「ソウル・サーチン・キャンペーン」に寄せて 

今回、山野楽器さんのご厚意により、拙著『ソウル・サーチン』のキャンペーンを行っていただくことになりました。感謝感謝です。昨年、山野楽器さんでは、AORのキャンペーンを行いました。それのソウル・ヴァージョンをやってもらえないか、というお話で、そこから本とのつながりまでお話が広がってきました。

『ソウル・サーチン』が発行されたのは2000年7月のことです。それから3年を経て、まあ、細々本は売れているようです。本当に細々ですが。(笑) 今回、関連CDを一緒に並べるというので、調べたのですが、かなりの数の作品が廃盤になっていました。一応、今回は輸入盤ではなく日本盤で紹介するというのを原則としたのですが、なんと、ウーマック&ウーマック関係は全滅でした。そこで、山野楽器さんの、誰にでもわかる初心者向けのソウルのアーティストやアルバムもいれてください、というご希望でいくつかそうしたものも選んであります。
各店舗によって、キャンペーン・スタート時期が微妙にずれますが、徐々に始まり、12月一杯つづきます。一度、ごらんになってください。

『ソウル・サーチン』という本は、自分でもかなり満足度の高いできになっています。特に、ソウルミュージックがお好きな方には、自信を持ってお勧めできる本です。こういうミュージシャンの、それもソウル系アーティストのドキュメンタリーは日本では他に類書がありません。本当はこういう本がある程度売れるようになると、翻訳ものでも、もっと状況がよくなると思いますが、なかなか現実は厳しいものがあります。

『ソウル・サーチン』とはどんな本か、簡単に次のところに説明が描いてあります。

http://www.soulsearchin.com/soulsearchin/index.html

そして、その7人とはーーー

http://www.soulsearchin.com/soulsearchin/seven2.html

これを機に、まだお持ちでない方は、一度手にとっていただければ幸いです。

(吉岡正晴)

+++++

Event & Announcements>Soul Searchin’ Campagine

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Comments are closed.