☆ナニワ、東京に参上

☆Naniwa Express Live At Blues Alley : Show Must Go On

【ナニワ、東京に参上】
超満員とかげ
『ソウル・パワー・サミット』のホストバンドでもある大阪のナニワ・エクスプレスのライヴ。会場のブルース・アレーは超満員で、階段のところまで立ち見が。しかもこの日は2ステージ、入れ替えだ。機材トラブルで約40分遅れてスタート。基本はドラムス、ベース、ギター、キーボードの4人編成。ここにゲストでゴスペラーズの村上、酒井両氏にズーコが入る。それにしても、ベースの清水興さんのだみ声がすごい。よく通る声のMCで、さすが大阪ということもあって、ぬかりなく笑いを取る。
結成31年になって、興さん「『最近、あの~~ナニワをやってられた興さんですよね~』と言われたりする。『まだ、やってるっちゅうねん』!」。(爆笑)
インスト曲は、ナニワの作品。70年代から80年代の、打ち込みでは決してでてこないフュージョン風サウンド。これにちょっとグルーヴの香りをふりかける感じ。途中「ナニワのルーツ」のコーナーではメンバーそれぞれの思い出の曲をカヴァー。
アンコールのスライ&ファミリー・ストーンの「サンキュー」の途中では、ジェームス・ブラウンの「セックス・マシン」や、KCの「ザッツ・ザ・ウェイ」、クール&ザ・ギャングの「ジャングル・ブギー」などをはさみこんだ。
ブルース・アレーに来る前に神戸の老舗ライヴハウス「チキン・ジョージ」が、4度目のリニューアル・オープンしたそうで、彼らはそこで3日間6ステージを杮落とし(こけらおとし)としてこなしてきた。そこでは、ワイン、シャンペーン200本、ビール90ケースが空いたと言う。すごい…。
■ メンバー
NANIWA EXPO 2008
(B)清水興 (G)岩見和彦 (Key)中村建治 (Ds)東原力哉
★Special Guest (Vo)村上てつや、酒井雄二(from ゴスペラーズ)、ズーコ
■ セットリスト ナニワ・エクスプレス
Setlist : Naniwa Express @ Blues Alley,  May 5th, 2008
(セットリストは、日とセットによって違います)
Second set : Show started 20:41
01. Oriental Makin’ Love
02. Night Flower
03. Free People Stroke
“Roots Of Naniwa”
04. Heartbreaker [Grand Funk Railroad]
05. 涙をこえて [シングアウト]
06. Wipe Out [Ventures]
07. Caldonia [Louis Jordan]

08. For My Love (+Murakami, Sakai)
09. Situation [Jeff Beck]
10. What Is Hip [Tower Of Power]
11. (You Make Me Feel Like) A Natural Woman (+Zooco) [Aretha Franklin]
12. Ain’t No Mountain High Enough [Marvin Gaye & Tammi Terrell]

13. Field Athletor
14. El Drado
Enc. Thank You [Sly & Family Stone] ~ including a riff of “Sex Machine”, “That’s the Way I Like It”, “恋の季節”, “Jungle Boogie”, “I Want To Take You Higher”
Show ended 22:28
(2008年5月5日月曜、目黒ブルース・アレー=ナニワ・エクスプレス・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Naniwa Express
2008-74
This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.