◆ジーノズ・グルーヴ炸裂

◆Jay & Jino & Jay & Penny Live: Groove! Groove! Groove! 

【ジーノズ・グルーヴ炸裂】
JJ。
3人のJに1人のP、3JPsか、これは。(笑) あるいは、JJ.JP(ジェイ・ジェイ・ドット・ジェイピー)なんていうのもありかも。人気ベース奏者、ジーノ(日野賢二)主導のファンク系バンドのライヴ。メンバーは、ヴォーカルのジェイ、ジーノ、ドラムのジェイ・スティックス、そして、キーボードのペニーKの4人。インストゥルメンタル(演奏曲)以外のヴォーカルはジェイとジーノが取る。ジェイをかなりフィーチャーしたショーと言ってもいい。ヴォーカルのジェイはフィリピンのセブ島出身だそうで、そのちょっと変わった日本語のイントネーションを聞いたとき、九州か沖縄あたりの出身の日本人かと思った。それを彼に言ったら、「もっと、南ね(笑)」。
なにより、ドラムスとベース、そしてそれにからむキーボードの3人が作りだすサウンドが最高だ。ジーノは、ベースをときにギターのように弾くので、ベースとギター奏者がいるかのごとく錯覚してしまう。
ジーノのベースを聞いていると、いつも、彼が影響を受けた先輩たちの魂が感じられる。たとえば、いつか彼が影響を受けたベース奏者特集というのもどうだろう。ジャコ・パストリアス、ラリー・グラハム、ルイス・ジョンソン、スタンリー・クラーク、マーカス・ミラーなどなど。
最初ジェイのヴォーカルを聴いていて、どんなパターンの曲調があうのか、まったくつかめなかったが、最後の曲「カラー・マイ・ハート」とアンコールの「アイ・ウォント」を聴いていて、この路線があうかもしれないと思った。ちょうど彼の声が元シャラマーのハワード・ヒューイット系なので、たとえば、ダイナスティーの「ヒア・アイ・アム」とか、そのほかのリオン・シルヴァーズがプロデュースしそうな作品や、ブラザース・ジョンソンの「ストンプ」などの、いかにもウェスト・コースとの明るい曲がいいような気がした。
この3人のバンドは超強力だけにどんなバラードでもグルーヴ感たっぷりに演奏できるが、ヴォーカリストはいろいろ試行錯誤して、自分にあう楽曲を選んだほうがいいと思う。たぶん彼はソロでやるよりも、バンドの何人かいるヴォーカルの1人という位置づけがぴったりくるのではないだろうか。ただジーノとジェイの日本語のやりとりが、妙におもしろい。
■ ジーノ過去関連記事
October 26, 2007
Jino Is Always Funky: He Always Give Space For The Musicians
http://blog.soulsearchin.com/archives/002105.html
May 30, 2007
Jino Hino Kenji Live At Cotton
http://blog.soulsearchin.com/archives/001794.html
September 23, 2006
Jino Jam Featuring Maru: One Thing Leads To Another
http://blog.soulsearchin.com/archives/001276.html
October 27, 2005
Jino Jam Live: Mr. Bass Man Is Sooo Funky
http://blog.soulsearchin.com/archives/000605.html
■メンバー
JAY(vo) meets JINO(b) Vol.2
Jay Vergara(vo)、日野 "Jino" 賢二(b)、PENNY-K(key)、Jay Stixx(ds)
■セットリスト
Setlist : Jay Meets Jino @ Motion Blue, January 27, 2008
ジーノ・ライヴ @ モーション・ブルー
First Set
01. Hope Of Love
02. Still
03. City Lights
04. Baby, Come To Me [Patti Austin, James Ingram]
05. Leon
06. Aaliyah
07. Summertime [Standard]
08. Bad Girl [Donna Summer]
Second set
Show started 19:35
01. Enoch’s Meditation (Inst) [Robert Glasper “Canvas” - 2005]
02. For The Foundations (Inst) [Robert Glasper]
03. Happy Birthday to Jay
04. What’s Going On [Marvin Gaye]
05. Let’s Stay Together [Al Green]
06. I Just Called To Say I Love You [Stevie Wonder, Raul Midon]
07. Marvin Said
08. Come Together [Beatles]
09. Let Me “B”
10. Only In Love
11. Color My Heart
Enc. I Want [Chaka Kahn – “The Woman I Am” ; 1992]
Show ended 21:14
(2008年1月27日日曜、横浜モーション・ブルー=ジーノ・ジェイ・ジェイ・ペニーK・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Jino, Jay, Jay, Penny K
2008-10
This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.