Aretha sung “Amazing Grace” for Luther

アレサ・フランクリン、「アメージング・グレイス」で全快の祈り 捧げる

クイーン・オブ・ソウルことアレサ・フランクリンが19日、闘病中のソウル・シンガー、ルーサー・ヴァンドロスのために、デトロイトの教会でキャンドルを灯し全快の祈りを捧げた。

アレサ・フランクリンをはじめとするシンガーたちは、デトロイトのリトル・ロック・バプティスト教会に集まり、アレサは5000人の前で「今、彼にはお祈りが必要だと感じています」と挨拶し、「アメージング・グレイス」を歌った。アレサのほか、フォー・トップス、オセア・バーンズ、アレサの子供たちなども歌った。

ヴァンドロスは、4月16日ニューヨークの自宅で倒れ、その後集中治療室で意識不明が続いている。また、彼はアレサのまもなく始まるツアーのための衣装をデザインしていた。

+++++

非過多。

先日はルーサーに続いて、バリー・ホワイトまで闘病中というニュースが伝わってきたが、どちらも、早くよくなって欲しいところ。最近、しばらく『ネヴァー・トゥ・マッチ』のアルバムを聞いていたが、それにしてもこのアルバムはよくできている。

ルーサーは言う。「長い間、他人のバック・ヴォーカルをやった後、僕の願いは自分自身の曲を自分自身で歌うということだった。ネヴァー・トゥ・マッチのアルバムは、一曲を除き、すべて僕が書いて、プロデュースした。バックからフロントにでて、一番の難しかったことといえば、僕がシャイだってことかな」

「ネヴァー・トゥ・マッチ」で、ルーサーは歌う。「君からの千回ものキスも、多すぎることはない(ネヴァー・トゥ・マッチ)。君の腕の中に100万日いたとしても、多すぎることはない」

そう、ルーサーの歌は、何万回聴いても、ネヴァー・トゥ・マッチ(トゥ・マッチであることは決してない。多すぎることは決してない。)

Fans Hold Candlelight Vigil for Vandross
Tue May 20, 1:45 PM ET

DETROIT – Fans and fellow singers held a candlelight vigil for R&B artist Luther Vandross (news), who’s recovering from a stroke.

Aretha Franklin (news), a friend of Vandross, organized Monday night’s event at the Little Rock Baptist Church.

“I felt he needed prayer, and he needed it now,” said Franklin, who sang “Amazing Grace” for a crowd of 5,000 people.

Five weeks ago, Vandross was discovered in his New York apartment suffering the aftereffects of a stroke. He remains in the intensive care unit of the Weill Cornell Medical Center of New York-Presbyterian Hospital.

The Four Tops, Ortheia Barns, Franklin’s sons, Kecalf and Eddie, Ursula Walker and Buddy Budson were among those on the program, The Detroit News reported Tuesday.

Vandross, 52, has written and produced songs for Franklin and designed several dresses for the 61-year-old singer to wear during her upcoming tour.

Music from Franklin, Dionne Warwick (news) and Vandross himself is being played for the singer as he lies unconscious, according to his mother, Mary.

+++

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Comments are closed.