And the Grammy goes to…

勝者。

さて、今日24日午前10時からいよいよグラミー賞が発表されます。結果は、24日の午後1時までにはすべて出揃います。WOWOWで生中継がありますので、注目です。

今年は指折り数えて、33部門で予想してみました。目標としては、本命で5割、対抗で残り3割は当てたいですね。年一度のお祭りですから。(詳細予想は、過去日記をご覧ください) 予想した分野は次のとおりです。

主要4部門 4
ポップ分野 7
トラディショナルポップ分野 1
ダンス分野 1
R&B分野 8
ラップ分野 5
ジャズ分野 4
ゴスペル分野 2
プロデューサー部門 1

です。

R&Bは、本当にわからないですね。去年のアリシアのような決定打がいません。

やはり主要4部門、ノラがかなり行けると思いますが、唯一『アルバム・オブ・ジ・イヤー』が心配です。ブルースとの一騎打ちです。唯一の頼みの綱は、ブルースとデキシーがともに同じコロンビア・レコードということで、コロンビア票が割れるという展開です。

新人賞は、まず間違いないでしょう。ノラ関連は8部門にノミネート。最大で8部門を獲得することができます。ただし、『ソング』は、作者への賞のため、受賞はノラではなく、作家のジェシー・ハリスに行きます。『プロデューサー・オブ・ジ・イヤー』はノラのプロデューサー、アリフ・マーディンが候補で、賞はそのアリフに行きます。またエンジニア賞も、エンジニアへの賞です。

2月23日、45回グラミー賞は、「ノラ・ジョーンズのグラミー」として記憶に残ることになるでしょう。今年の勝者はその点で行けば、ノラということになりそうです。

(24日午前2時半・配信)

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Comments are closed.