最終宣告。

あいかわらず、元気でバブリーなAIでした。BMGからデフジャム・ジャパンへ移籍
し、まもなく移籍第一弾シングルをだすAI。そんな彼女が、インターFMの「ソウ
ルブレンズ」にゲストでやってきました。

シングルのタイトルが、「最終宣告」です。これを作ったのは、ローフィーというニ
ューヨークで活躍するミュージシャン。ヒップホップ系アーティスト、スウォードの
出世作「ジ・アンサー」などをてがけています。

AIによるとそのローフィーの自宅に行き、彼が持っているトラックを聴いたり、こ
んな感じっていう具合にキーボードを弾いてくれて、それで気に入ったフレーズを曲
にしたそうです。

「このフレーズ、このフレーズ!」って感じで彼に言ったら、翌日にはもう曲全体の
フル・トラック(カラオケ)ができてきて、それを聞きながら、今度は歌詞を考えました。

「ちょうど、マンハッタンのダイナー(軽い感じのレストラン)で、リコ(デフジャ
ム・ジャパンの担当者=ヒップホップ番組のDJも)と一緒にいろいろ考えてて、「な
んか四文字熟語がいいなあって思っているときに、リコが『最終宣告』ってどう、っ
て言ったんで、それで行こうって感じで、すぐに歌詞を書いたんだ」 

そして、3日目には録音し、すぐにミックスダウンをして、たったの4日で完成させ
た、という速攻の一曲です。シングルをもう一枚くらい出して、アルバムを6月くら
いの発売にしたい、とのこと。仕切りなおしの再デビューって感じでしょうか。この
曲を持って、日本の音楽シーンよ、私に注目しないとだめよ、という最終宣告かもし
れません。自信のあふれた一曲といえるでしょう。

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Comments are closed.