Japanese Title

邦題。

前々からテーマとしては、おもしろいものと思っているんですが。原題(多くの場合英語)とその邦題の関係性についてです。

洋楽のヒット曲の場合、英語のタイトルが長かったりすると、適当にキャッチーな邦題をつけることが、むかしから多々ありました。で、その邦題には、原題とかけ離れたものが、これまた多々あるのも事実なわけです。

で、そんな邦題にも、中には「これは傑作だ!」というものから、「これはないだろう!」という愚作までいろいろありますよね。

たとえば、傑作だと思うのは、こんなものです。

原題 Just The Way You Are
邦題 素顔のままで

原題 I Say A Little Prayer
邦題 小さな願い

原題 Girls Just To Want To Have Fun
邦題 ハイスクールはダンステリア

で、一方、よくわからんぞ、というのは・・・

原題 It Only Takes A Minute
邦題 愛のディスコティック

原題 Let’s All Chant
邦題 チャンタで行こう

原題 Breakaway
邦題 マンハッタン・バスストップ

それぞれに、邦題がついたストーリーはあるわけです。邦題は、音楽だけではありません。映画のタイトルにもつきますし、テレビ番組のタイトルにも邦題がつきます。徐々にそのあたりのお話もしていきましょう。

そして、そんな邦題物語を語る時、タイトルはこれで決まり!

『邦題で行こう!』

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Comments are closed.