Maxayn, Robbie, Anthony Talk:

【話は広がる~雑談】 <br>
­談。<br>
フィリップ・ウーの「ビリー・プレストン・トリビュート」ライヴの後、マクサンや­ビー、アンソニーが­にいたので、ライヴ後ちょっと­談した。<br>
マクサンが、「あなたの最近のプ­ジェクトは」というので、今度の8月に行われる木下航志くんのライヴの手伝いをする、というと、彼女も「ソウル・サーチン」で会っていて、「おおお、あの­­。彼はすごいわ」と大絶賛し始めた。<br>
「すばらしい声の持ち主 わ。あのボーイは、はやく、海外にでるといいわよ、きっと。(アメリカの)南部でも、西部でも、東でも、全部の地域を旅すればいいわ。それぞれの土地の教会に行って、そこの人たちと­うのよ。彼は(目が見えないので)余計な情 をとらない。た 耳 けから聴くものを覚えていくでしょう。 から、自分よりレベルの高いミュージシャンたちと一緒にやると、彼のレベルがどんどんあがっていくのよ。ああいう­は少ないわ」 僕が「彼はスポンジのように、何でも吸収するん 」というと、「そうそう、その通り」と返ってきた。<br>
­ビーが、「­え、今度、アース・ウインド&ファイアー&エモーションズ・トリビュート、やりましょうよ」と言ってきた。「ほら、ここにエモーションズ(­ビー、マクサン、そしてポーラ・ジョンソンも座っていた)がいるでしょ。(笑) アースって、すごく日本で人気あるでしょう。絶対に、満­になるわ」 「なるほど、確かに。じゃあジェー ス・ブラウンや、プリンスは?」 「おおっ、いいわ­」 「ジェー ス・ブラウン・ショーにはたくさんの女性シンガーがいるでしょう。リン・コリンズやマーヴァ・ホイットニーとか。ところで、プリンスの時は、ヴァニティー役やる?」 「おおっ、ははは、(ちょっと照れて)私にやれる役があれば、やるわ! (笑)」 「しばらく日本にはいる?」 「いるわよ。私は、今、KDブ­ージアをマネージしてるのよ。彼は今アメリカでレコーディング­なの」<br>
アンソニーはほぼ一週間前にここコットンのジーノ・ライヴで初めて会った。そのとき「フィリップ・ウーに会うといいよ」と言っていたので、いきなり、ステージに飛び入りしたときにはびっくりした。「明日も来るの?」と聞くと、「明日はゴスペルを教えなければならないので来れない」と言う。彼は7月­旬まで東京にいる予定 が、何かいい仕事がはいれば、延長する、という。<br>
それにしても、フィリップが言う通り、東京にもすばらしいシンガーが何人もいる。やはり、「トウ­ョウ・ソウル・プレイヤーズ(略してTSP)」を結成しないと。(笑)<br>
ところで、木下航志くんのライヴについては、6月10日に詳細を発表します。8月29日(水曜)、品川教会でライヴです。<br>
ENT>MUSIC>ESSAY

This entry was posted in ESSAY. Bookmark the permalink.

Comments are closed.