“Champagne Royale”: The Bottle Of La Seule Gloire

【見覚えのあるボトル】 <br>
シャンペーン。 <br>
シャンパン、シャンパーン、シャンペーン、シャンパーニュ・・・。以上、シャンパン4段活用。ま、いろいろ表記はありますが。昨日あたりの世間の話題は、陣内&藤原紀香の披露宴でしょうか。テレビで生放送されたこともあり、さらにワイドショーなどのかっこうの­たになっています。 <br>
そんな­、披露宴の乾杯のシーンで使われたシャンパンのボトルに見覚えが! テレビの解説によれば、フランスで初めて日本人が作ったシャンパン・・・なんたらかんたら。おおおっ! あれ !  <br>
そう、あのマーチンさんが3月にリリースした最新作『シャンペーン・­ワイヤル』でコラボしていた「ラ・スル・グ­ワール」のシャンパーン 。おそらく、その­の「ル・レープ・グランクリュ」が乾杯のときに使われたものと思われる。3月6日にコットン・クラブで行われたときに、その時点ではま 発売されていなかったそのシャンペーンが振舞われた。 <br>
じ、実は、このボトルが一本うちの冷蔵庫にもあったの 。マーチンさんのコットン・クラブでのライヴの後に、「ラ・スル・グ­ワール」の合田社長から送られてきていたの 。ありがとうございます。 <br>
思わず、テレビに ったボトルを見て、冷蔵庫の­のボトルを取り出して確認した。これで、このボトルを開けるときに、うんちくがひとつ わりました。 <br>
「ラ・スル・グ­ワール」ウェッブ <br><a href=”http://www.la-seule-gloire.com/index.html”>http://www.la-seule-gloire.com/index.html</a>
マーチンさん、シャンペーンについて語る <br><a href=”http://www.la-seule-gloire.tv/”>http://www.la-seule-gloire.tv/</a>

This entry was posted in Essay. Bookmark the permalink.

Comments are closed.