If: Sam Cooke & Otis Redding would live little bit of longer

もし。

この時期は、やはり、二人のソウル・ジャイアントの命日でしょうか。ジョン・レノンの時にも書きましたが、サム・クックは64年12月11日、オーティス・レディングは67年12月10日、それぞれ死去しています。サムは33歳、オーティスは26歳でした。

もし、彼らがそんなに若くして死ななかったら。

二人とも、ソウルの歴史の中でもっとも重要なシンガーに数えられます。どちらも、ゴスペルをベースに、さらに世俗的な歌を歌いだすようになり、爆発的人気を獲得しました。

オーティスのアイドル、ヒーローはサム・クックでした。しかし、興味深いのは、オーティスのラフで、生々しい歌とサムのスムーズで滑らかな歌唱とは、ずいぶんとかけ離れている点です。

オーティスの「アイヴ・ビーン・ラヴィン・ユー・トゥ・ロング」が車のCMに使われたのはもう10年も前のことでした。最近も、何かに使われてましたね。でも、そういえば、サムの曲が使われたのは、日本ではあんまり聞かないですね。一度たばこのCMに使われたことがあるらしいのですが、僕は聞きませんでした。

イギリスでは、86年頃、「ワンダフル・ワールド」がジーンズのCMかなにかに使われて、リヴァイヴァル・ヒットしたことがありました。

それにしても、もしこの二人があと10年長く生き、ソウルを歌ったとしたら、その後のブラック・ミュージックの世界はどうなったのでしょうか。二人のデュエットなんてことが実現したのでしょうか。

まったく想像もつきませんね。歴史にもし、はないのですが。

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Comments are closed.