Fukamachi Jun #76: Jun Sings For James McDonnell

【深町純第76回~深町さんが­う】

夢。

今日とあと5月 け、2回 けになった恵比寿アートカフェでの深町純・全曲即興ピアノ・パーティー、第76回。いよいよ来月は最終回 。ラスマイくらいになると、やはり、深町さんも妙に湿っぽくなるのか。(笑)

深町さんが言う。「不思­なん けど、毎回この会では3分の1から半分が初めて来る人なんです­。でも、決して、(アートカフェにはいるための)行列が恵比寿の駅のほうまで伸びていたりすることがない。なんでなん ろう。いつもちょうどほどよく、収まってます。過去に3回ほど、ものすごく満員になって酸 になり倒れて救急車で運ばれた人がいましたが、まあ、 いたいこんな感じで­。一度でいいから行列が並んでいるのを見るのが、僕の人生の夢です。(笑)」

今回は、いきなりノー・トークで3曲、約34分連続演奏! 聴く側の集­も高まる。この日は、夕方降った雨のせいか、最初、音が曇り気味 ったような気がした。湿っぽい音というか。からっとしていないというか。

ファーストセットでのおなじみの「お題拝借」3曲目では、なんと、即興で­う­う友利宇景という方と深町さんが、即興コラボレーション。友利さんが、「初めてきたのですが、大変感動しました。自分も老人ホー などで即興の­を­っていたりするんですが・・・」というと深町さんすかさず「じゃあ、­ってよ」 「ええっ・・・」ということで、始まった。最初、­が自由に出てきて、まもなく、深町さんがピアノで追いかけ始め、徐々に曲の形になっていった。これは、お見事、背­ぞくぞくもの った。

とピアノが終わって、深町さんが言った。「まあ、これが即興のすばらしさということでしょうか」

力。

第二部にスペシャルがあった。実は深町ピアノが大好き ったジェー ス・マクダネルさんという方がいた。ほとんど毎回のようにこの会にきていたが、昨年(2006年)11月29日、突然の事故で急逝したの 。僕自身も彼とこのアートカフェで話をしたこともあった。また、昨年6月 には、深町さんのライヴ・パフォーマンスをイギリスで行うための企画書を書いてくれと深町さんに まれ、その英語版を彼が作ってくれたりしていて、打ち合わせやメールのやりとりもしていた。そして、この日、初めて彼の奥さんがアートカフェにやってきたの 。

そこで、深町さんは彼女のために、ジェー スさんが大好き った深町さん作品「誕生日」という曲をプレイすることにした。これは深町さんの傑作で、いろいろな人が­っている。有名なのは森山良­さんのヴァージョンか。ところが、今日は深町さんはここにちょっとした施しをした。

この「誕生日」という曲、ジェー スさんが大好きで、元の日本語の­に勝手に彼が英語詞をつけていたの 。そして、その英語詞を、ジェー スさん同様この深町ピアノ会の大常連であるトーマスさんが、ピアノに乗せて朗­することになった。しかも、それ けではない。なんと、深町さん本人がこの曲を­ったのである。

「僕はこう見えて、1972年に『ある若者の肖像』というアルバ でデビューしたんですが、そこでは­を­ってるんです。そういえば、このアルバ と次のアルバ 『ハ­ー』を、ユニバーサルというレコード会社がCDで再発したいといってきたんで、何ヶ月かすると、CD屋さんに並ぶと思います」 (『ある若者・・・』は調べると、­確には1971年11月発売でした)

ピアノ→深町ヴォーカル→トーマスの英語詞朗­→深町ヴォーカル→ピアノという流れで、「誕生日」が約10分近く続いた。決して上手とは言えない深町ヴォーカル が、実に胸を打つ。ジェー スさんへ捧げるというサイド・ストーリーがあるからか。いや、それ けではあるまい。真後ろで聞いていた奥さんが、それまでずっと楽しそうに微笑ん いたのに、いつしかハンカチで涙を­いている。人を感動させる­とは、別にうまくなくてもいいのかもしれない。味があるというか、­がこもっているというか。やはり、言葉、­詞の持つ力は、音楽の力を倍増させる。

「(­詞の最後の部分)・・・笑いあえる日を僕は信じてる。大切な思い出を、君にありがとう・・・。ジェー ス!」 演奏が終わって、深町さんとトーマスが奥さんのところに­み寄った。­力が感動を巻き起こした瞬間 った。

深町純、恵比寿アートカフェでのピアノ・パーティーはあと1回 け。5月26日(土曜) 。なお、その後は祐天寺の深町さんの店「FJ’s」で毎月最終土曜日に即興演奏会を続けることになった。

アートカフェ・オフィシャル・ウェッブ
http://artcafe1107.com/
深町純オフィシャル・ウェッブ
http://www.bekkoame.ne.jp/~cisum/
Setlist: Fukamachi Jun @ Art Cafe, Ebisu
April 28, 2007 (Saturday)
セットリスト 深町純

1st Set
show started 19:46
01. 2007年4月28日19時46分の作品 (10.50)
02. 2007年4月28日19時57分の作品 (10.52)
03. 2007年4月28日20時08分の作品 (10.57)
04. 2007年4月28日御題拝借作品1. (2.26)
05. 2007年4月28日御題拝借作品2. (1.32) (Erika’s Melody)
06. 2007年4月28日御題拝借作品3. (1.51) (improvisation with Yuuri Ukei on vocal)
show ended 20:45
(approximately performing time 40 minutes 28 seconds of 59 minutes show)(.6858)
2nd Set
show started 21.10
01. 誕生日(ジェー ス・マクダネルへ捧げる)(9.52)
02. 2007年4月28日21時32分の作品 (9.09)
03. 2007年4月28日21時54分の作品 (7.43)
04. 2007年4月28日22時08分の作品 (10.29)
show ended 22:05
(approximately performing time: 37.13 of 55 minutes show)(.6766)
過去の音楽比率(ライヴ全体の­での音楽の割合を表します)(単位は%)

2005年11月 第一部 41.70 第二部 51.82
2005年12月 第一部 39.86 第二部 58.91
2006年01月 第一部 58.81 第二部 67.23
2006年02月 第一部 38.4  第二部 49.7
2006年03月 第一部 50.9  第二部 92.7
2006年04月 第一部 53.1   第二部 57.3
2006年05月 第一部 45.15 第二部 82.08
2006年06月 第一部 52.16 第二部 59.02
2006年09月 第一部 47.77 第二部 77.63
2007年01月 第一部 65.53 第二部 54.97
2007年02月 第一部 53.88 第二部 49.33
2007年04月 第一部 65.26 第二部 68.58
(2007年4月27日土曜、恵比寿アートカフェ=深町純ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Fukamachi, Jun
2007-53

This entry was posted in LIVE. Bookmark the permalink.

Comments are closed.