Joy Denalane Showcase Live:

【ジョイ・デナラーニ・ショーケース・ライヴ】

人気。

ジャーマン・ソウルの新星という­ャッチフレーズで売り出し­の女性シンガー、ジョイ・デナラーニのショーケース・ライヴが4月3日、渋谷デュオであった。

実物の本人は、写真よりもはるかにきれいで可愛く、驚いた。ドイツと南アフリカのハーフ とのこと。音的にはメアリー・J、ジル・スコット、ちょっとアリシア・­ーズ風、最近のニュー・R&B系のサウンドと­で聴きやすい。ドラ ス、ギター、ベース、­ーボードにコーラス2人という編成にジョイがリード。

なかなかパンチのある声をしている。本編最後の曲が終わったあたりで、観客から「アフター・パーティーはどこ?」みたいな声がかかった。すると、「ノーノー、私は人妻なので、パーティーはしないの(笑)」との返­。いやあ、結婚してるとは思わなかった。またまた驚いた。(その後ライナーを­ん ら、ミュージシャンと結婚していることが書かれていた)

個人的に一番印象に残った曲は、セットリストには入っていなかったアンコール曲。これは「ソエト」という曲で、彼女のルーツが南アフリカにあることと関連している。ソエトは南アフリカにおいて人種隔離政­がとられていた 、黒人居住地区となっていた 所。今でも多くの黒人が住む。人種隔離政­の、また、黒人解放運動の象徴的な街でもある。この曲がベースパターン、リズ が実にファン­ーで印象に残った。ライヴ終了後、バックコーラスの女性シンガーと話をして、曲名を聴いた。

もともとはファースト・アルバ 『ママーニ』に収録されていた「Im Ghetto von Soweto (Auntie’s House) feat. Hugh Masekela (Album Version)」が原曲。日本でもリリースされて今話題の最新作『ボーン・アンド・レイズド』(日本で2枚目)にも、そのリミックス・ヴァージョンが収録されていた。CDでは南アフリカ出身のトランペター、ヒュー・マサケラも参 している。訳詞を­むと、ソエトでの悲惨な状況が描かれていた。

(­r.­姫さん、情 提供ありがとうございます)

ジョイ・デナラーニ☆F­各局で大人気

ボーン&レイズド\" style=
ボーン&レイズド

posted with amazlet on 07.04.06
ジョイ・デナラーニ ルーペ・フィアスコ レイクウォン
ソニーミュージックエンタテインメント (2007/02/07)
売り上げラン­ング: 6485
おすすめ度の平均: 5.0

5 一度聞いて見てく さい

Setlist : Joy Denalane @ Shibuya Duo, April 3rd, 2007
セットリスト ジョイ・デナラーニ 渋谷デュオ

show started 20.12
01. Intro
02. Change
03. Born & Raised
04. 7 Years Itch
05. Despite It All
06. Let Go
07. One In A Million
08. Heaven Or Hell
09. Start Over — A Riff Of “Freddie’s Dead”
Enc. Soweto
show ended 21.07
(2007年4月3日火曜、渋谷デュオ=ジョイ・デナラーニ )
ENT>MUSIC>LIVE>Denalane, Joy
2007-39

This entry was posted in LIVE. Bookmark the permalink.

Comments are closed.