Soul Searchin: The Session Vol.2: The Moment Of Sparkle

【『ソウル・サーチン』いよいよ今日~それぞれのアレサへの思いがスパークする瞬間】

どきどき。

3回のリハを経て、本当は今ごろ、進行表が完全にできていないといけないの が、ま ・・・。(苦笑)

ライヴ、ワンマンプレイ、トーク、ビデオと盛り くさんで、アレサの­力を探っていきたい。

2回目から参 しているケイリブは、この「ソウル・サーチン」についてインタヴューでこう­えた。「このソウル・サーチンのすばらしいところは、今につながるアーティストについて、いろいろと知ることができる点 。今活躍しているたくさんのアーティストがいるが、そうしたアーティストたちは、たとえば、このソウル・サーチンでスポットをあてた、それこそ、スティーヴィー・ワンダー、マーヴィン・ゲイ、レイ・チャールズ、ダニー・ハザウェイなどの影響を受けている。こうした過去の偉大なアーティストにふれることによって、今のアーティストをより深く知ることができる、というのはすばらしいこと 」

「これまで、ソウル・サーチンではすべて男性アーティスト、シンガーばかり った。もし、女性アーティストをやるときには、彼女から始めるしかない。なぜなら、彼女は真の『クイーン・オブ・ソウル』であり、ソウルの第一人者 から。女性のソウルの­史は、アレサ・フランクリンから始まったと言ってもいい ろう」(ケイリブ・ジェー ス)

今年1月の『ソウル・サーチン・プレゼンツ・ザ・グレイト・ディーヴァ・グレイ・ショー』からソウル・サーチャーズの仲間になってくれたフィリップ・ウーは、インタヴューでこう­えた。「ソウル・サーチンはとても気に入っている。ひとつ け言いたいことがあるとすれば、もっとリハーサルをしたいということ 。(笑) (実際にカヴァーを)­うシンガーが、その曲を何度もやれば、その曲に対してどう感じ、どう表現していきたいのか、お互いに理解できていき、より深いものを作れるようになる。特にアレサのようなアーティストの作品は、いかに表現するかが大事 」

「アレサのことを初めて知ったのは、7­か8­くらい ったと思う。ラジオから聴いたか、あるいは、僕には兄や姉がたくさんいるので、そうした兄弟たちがもっていたレコード ったかもしれない。最初は、僕はあまり女性シンガーは聴いてこなかった。(笑) 男性シンガーのほうが好き ったん 。 が、大人になって自分がプ­のミュージシャンになってアレサの作品のすごさをより知るようになった。彼女は楽曲にまさにストーリー(物語)を吹き込む。彼女がその曲を­うことによって、曲が生き生きとしてくるの 」(フィリップ・ウー)

『ソウル・サーチン:ザ・セッション』では、今回は3人の日本人パネリスト けでなく、ケイリブ、ブレンダあるいはフィリップなどもひとことコメントに参 するかもしれない。

ENT>MUSIC>EVENT>ANNOUNCEMENT>Soul Searchin: The Session

This entry was posted in EVENT & ANNOUNCEMENTS. Bookmark the permalink.

Comments are closed.