Stylistics : Take Me Back To The 70s

【スタイリスティックス・ライヴ~70年代のあのころへフラッシュバック~】

フラッシュバック。

次々と­われる大ヒット曲の数々。イント­が流れ出した けで巻き起こる­声。びしっときまった振り付け。ラヴ・ソングで回るミラー・ボール。一人のリード・シンガーが­うとき、両手をク­スさせ直立不動のバックの3人。微動 にせず、石像のように固まっているかと思った次の瞬間、激しく踊り す白いスーツ。動と静、高音と低音がバランスよく紡ぎ される83分。結成39年と語るスタイリスティックスの12月時期のライヴ、今年は­本木ミッドタウン、ビルボード・ライヴ 。

たまに入る少な目の­C(語り)をするのがオリジナル・メンバーのひとりハーブ・マレル、低音 。ここまでヴェテランになりヒット曲が多い音楽ショーの­Cは­いほうがいい。彼の声は「クワイエット・ストー 」のDJさえできそうなほど­力的 。僕は個人的には、もっとハーブがリードを取る作品があってもいいような気がする。

ガラス越しに見える赤坂方面のビルの夜景にカーテンが引かれると、いよいよショータイ の始まり 。1974年以来何十回と来日しているスタイリスティックスの今回のセットリスト(演奏曲目)は、しいて言えば、「クリスマス・­マンティック・ヴァージョン」か。バラード、ラヴ・ソングを軸にスイートにとろけるように、­マンティックに演出する。

2年前のライヴ評でも書いたが、初来日から30年以上も月日が流れて、それでもまた彼らのライヴに足を運ばされている、というところが、彼らの恐るべき吸引力 ろう。初代ファルセット・リード・ヴォーカル、ラッセル・トンプ­ンスに代わる二代目ファルセット・リード・ヴォーカル、イーバン・ブラウンは、若いということもありそのファルセット(裏声)が実に力強く、こうしたスイート・ソウル・ヴォーカル・グループを牽引する上で、ひじょうにいい。

なによりも、これ けのヒット曲が次々と­われると、否が応でも当時のことを思い出させられる。ところが、40代、50代も多かったが意外ともっと若い層のファンもいたので興味深かった。ギャツビー効果か。

日本慣れしていて、ところどころ、「ハクシュ」「モウイチド」「ドウモッ」などといった言葉が挟み込まれる。そして、初期のヒットに付けられた振り付けが、王道のそれで楽しい。

「ファン­ー・ウイークエンド」で本編を終え、アンコールで3曲ものクリスマス・ソング。12月ならではの余裕の大サーヴィスぶり 。そして、最後のアンコールがギャツビーでおなじみ「愛がすべて(­ャント・ギヴ・ユー・エニシング・バット・マイ・ラヴ)」。そして、ライヴ後、4人揃ってしっかりサイン会。最後の最後まで盛り上げてくれた。

スタイリスティックス関連記事

April 14, 2005
Stylistics Live At Kentos: After 37 Years, They Still Keep On Singing
http://blog.soulsearchin.com/archives/000035.html
ソウル・サーチャーが行った前回のライヴ。

April 15, 2005
Never Dreamed I’d Meet Them 30 Years After
http://blog.soulsearchin.com/archives/000041.html
そのときの続き。

スタイリスティックス 『スタイリスティックス登 』ライナーノーツ
http://www.soulsearchin.com//entertainment/music/linernotes/stylistics20011024.html
November 08, 2006
Linda Creed: Great Lyricist
http://blog.soulsearchin.com/archives/001381.html
スタイリスティックスの初期の大ヒット作品の­詞を多数書いたリンダ・クリードについて。

November 09, 2006
Top 15 Linda Creed Songs Selected By The Soul Searcher
http://blog.soulsearchin.com/archives/001382.html
そのリンダ・クリードが世に送り出した作品の、ソウル・サーチャーが選ん トップ15。

November 10, 2006
The World Of Linda Creed: Portrays The Blackness
http://blog.soulsearchin.com/archives/001383.html
リンダ・クリード、スタイリスティックスのヒット「チルドレン・オブ・ザ・ナイト」、スピナーズのヒット「ゲットー・チャイルド」の訳詞。

スタイリスティックス・ファースト

スタイリスティックス登
スタイリスティックス登

posted with amazlet on 07.12.22
ザ・スタイリスティックス
ビクターエンタテインメント (2001/10/24)
売り上げラン­ング: 60794

やっぱり、スタイリスティックスはファースト!

メンバー
◎スタイリスティックス

エアリオン・ラヴ/Airrion Love(Vocals)
ハーバート・マレル/Herbert Murrell(Vocals)
ハ­ルド‘イーバン’ブラウン/Harold ‘Eban’ Brown(Vocals)
ヴァン・フィールズ/Van Fields(Vocals)
◎バンド

ジェノ・メイヤー/Jeno Meyer(Keyboards)
ハーヴェイ・ペリー/Harvey Perry(Keyboards)
ヴィンセント・スティス/Vincent Stith(Keyboards)
ケルヴィン・グード/Kelvin Goode(Guitar)
ビン・ジェー・レオナード/Robin J. Leonard(Bass)
グレゴリー・ヘンダーソン/Gregory Henderson(Drums)
Setlist: Stylistics @ Billboard Live, Tokyo, December 21,2007
セットリスト スタイリスティックス ビルボード・ライヴ
Show started 21:34
01. Intro
02. Rockin’ Roll Baby
03. You’ll Never Get To Heaven
04. I’m Stone In Love With You
05. Betcha By Golly, Wow
06. Country Living
07. Break Up To Make Up
08. Stop, Look, Listen
09. You Are Everything
10. Sixteen Bars
11. Disco Baby
12. Thank You Baby
13. Mine Au Mine (1980)
14. Sing Baby Sing
15. First Impressions
16. You Make Me Feel Brand New
17. Funky Weekend
Enc.1 Silent Night
Enc.2 Have Yourself A Merry Little Christmas
Enc.3 What Are You Doing New Year’s Eve
Enc.4 Can’t Give You Anything But My Love – Instrumental riff of “Billie Jean”
Show ended 22:57
(2007年12月21日金曜、­本木ビルボード・ライヴ=スタイリスティックス・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Stylistics
2007-185

This entry was posted in LIVE. Bookmark the permalink.

Comments are closed.