Yokohama’s Number 1 Soul Bar “Sugar Shack” Will Be Closed After 17 Years

【横浜のソウルバー「シュガー・シャック」、2008年1月に閉店へ】

18年。

横浜のナンバーワン・ソウルバー「シュガー・シャック」が2008年1月14日をもって閉店することになった。11月4日、オウナーの石川さんがシュガー・シャックのホー ページで発表、またメールで一斉配信した。

シュガー・シャックは、1990年8月、横浜元町・石川町の先にある麦田(山手)トンネルを越えたすぐ右側にオープンした老舗のソウルバー。横浜のソウルバーと言えば、シュガー・シャックと言われた名店。今年8月に17周年を迎えていた。オウナー石川さんによると、「次のステージに進むことにした」ということで、詳細はホー ページのあいさつ文に書かれている。

http://www.sugarshack.co.jp/diary/index.html
石川さんのブ­グ↓
http://ameblo.jp/konnichiwahiroya/
石川さんに電話してみた。すると、石川さんが閉店の決意を書いたメールを送ったり、ホー ページに発表すると連日何十通というメールがやってきて、返事もままならぬようになってしまった、という。「それ け反響がすごいなら、その熱意に けて、閉店を­めることはできないんですか」と尋­ると、「もうスタッフたちの次の就職先も決めちゃったんで、一人では­え・・・。ま、とりあえず、一旦閉めますよ」と淋しそうに言った。やはり、夜の仕事は本当に想像以上に体力的にきついらしい。

シュガー・シャックは、オープン以来、横浜ベイスターズの選手や、横浜にやってくるブラック系アーティストがライヴ後に立ち寄る店として有名 った。レコード・コレクション、また、 像コレクションは他の追従を許さず、特に 像はアメリカのテレビで放送されたもののエアチェック作品などが、多数コレクションされていた。

店名「シュガー・シャック」は、マーヴィン・ゲイのアルバ 『アイ・ウォント・ユー』にも使われたブラックの画家アーニー・バーンズの絵画から取ったもの。

+++++
シュガー・シャックは個人的にも何度も足を運ん ソウル・バー。マーチンさんと一緒に行って、マーチンさんの番組で紹介したこともあった。いやあ、あれ け長い間安定して営­されているので、まさかク­ーズするとは。ひじょうに残念 が、これもしかたないのかもしれない。時代なのかな。とりあえず、閉店までに一度おじゃましたいと思う。石川さんの新たなる門出に祝福あれ!

ソウル・ブラザース・バー 「シュガー・シャック」
住所 神奈川県横浜市­区麦田町1-4
電話 045-651-6060
Eメール info@sugarshack.co.jp
Open 19:00 ~ 4:00 (年­無休)
Access JR 京浜東北線 JR 石川町駅より徒­ 10 分
1990年8月開店、2008年1月14日閉店予定

ENT>SOULBARS>Sugar Shack

This entry was posted in SOULBARS. Bookmark the permalink.

Comments are closed.