Keith Sweat Live At Billboard: Great Singer Sings Only Sex & Soul

【17年ぶり­ース・スウェットのエ­エ­ライヴ】

スウェット。

彼のデビュー作「アイ・ウォント・ハー」が大ヒットし、「ニュー・ジャック・スウィング」の幕が切って落とされたのは、ちょうど今から20年前の1987年のことである。­ース・スウェット、そして、彼をコ・プ­デュースしたテディー・ライリーはまもなく一世を風靡、全米の音楽­界を­巻する。その勢いで1990年10月、­ースは初来日。国立代々木体育館と翌日横浜文化体育館という大きな会 (前者が約1万3000人、後者で5000人=後者は半分くらいの入り)で行われたライヴでは、のりのいいリアルな「ニュー・ジャック・スウィング」のシンガーと思いきや、それ以上に、セクシーなR&Bシンガー ということを見せ付けていった。

それからちょうど17年ぶりの来日は、小さなビルボード・ライヴ(収容300人)。5層目まで満員 。さすが客層の主流は1980年代後半から1990年代前半のバブル時代を経験してきたおそらく現在30代後半から40代 った。

1曲目の「サ シング・ジャスト・エイント・ライト」のイント­が始まるなり、全員総立ちになる。ニュー・ジャック系のリズ のいい作品とス­ー・バラードとが適度に混ざり合い、ブラック・コンテンポラリーな色を徹底して出す。先日来日したテディー・ライリーのときもかなり観客から受けていた印象をもったが、「ニュー・ジャック・スウィング」人気、 強い。

僕の­からはドラ ス、ベースと­ーボード兼任、もうひとり­ーボード、コーラス2人(1人はラッパー)の5人編成に見えたが、ビルボード・ライヴのウェッブでは7人編成と書かれている。はて。いずれにせよ、極端な話、ドラ スと­ーボード、ベース けで「ニュー・ジャック・スウィング」は生まれる。けっこう打ち込みっぽく聴こえた。女性コーラスも­ーボードからでてきた。

バラードでの女性を煽るいやらしさぶりはさすが 。こういうエ­エ­さ 減はどうしても日本人では出せない。ニュー・ジャックもエ­エ­・ソウルバラードもいいし、­ース・スウェットのライヴを見ていると、何でもイケイケ ったバブル時代がフラッシュバックしてくる。ヒット曲が多い けあって、さすがに次々と曲が始まると観客の­声も大いにあがる。ス­ーでは通路でチークダンスを踊るカップルも。このあたりのアーティストって今でも十分受けるんです­え。

しかし、「アイ・ウォント・ハー」のヒットなんか、ついこの前のように思える。­ースのアルバ は1枚目から3枚目と8枚目の日本盤ライナーノーツを書いた。久々に­み返してみた。4枚目から6枚目までは松尾潔さんが書いている。(7枚目がなぜか手元になかった) 1枚目ではま 「ニュー・ジャック・スウィング」という言葉はなかったものの、そのリズ について説明していた。それにしても20年も­い続けて、またライヴハウスにやってくるというのはすごいな。継続は力なり。

アンコールを終えて­ース・スウェットが舞台から降りてくると体­スウェット(汗)いっぱい った。彼ほど能書きなど不必要で、体で愛とセックスを­うシンガーはいない。まさに究極のシンガー・オブ・セックス・アンド・ソウル。

­ース・スウェット最新作『ベスト・アルバ 』

ベスト・オブ・­ース・スウェット
ベスト・オブ・­ース・スウェット

posted with amazlet on 07.10.30
­ース・スウェット
WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M) (2007/10/10)
売り上げラン­ング: 55334

­ース・スウェット・ライヴは今日10月30日、東京・ビルボード・ライヴ、その後大阪、福岡へ

メンバー(ビルボード・ライヴ、オフィシャル・ウェッブによる)

ース・スウェット/Keith Sweat(Vocals)
テレンス・カーター/Terence Carter(Back Vocals)
カランドラ・グレン/Calandra Glenn(Back Vocals)
ルイス・ヒル/Lewis Hill(Back Vocals / Rapper)
ディヴィッド・エヴァンス/David Evans(Keyboards / Musical Director)
アダ ・レジスター/Adam Ledgister(Keyboards)
アンドレ・ハリス/Andre Harris(Bass)
ランディー・ハッチンソン/Randy Hutchinson(Drums)
Setlist: Keith Sweat Live At Billboard Live, October 29, 2007
セットリスト: ­ース・スウェット

Show started 21:31
01. Something Just Ain’t Right
02. Don’t Stop Your Love
03. My Body
04. Keep It Coming
05. Make It Last Forever
06. Make You Sweat
07. I’ll Give All My Love To You
08. Just Got Paid
09. I Want Her
10. (There You Go) Tellin’ Me No Again
11. Nobody
Encore. Twisted
Show ended 22:45
(2007年10月29日月曜、­本木・ビルボード・ライヴ=­ース・スウェット・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Sweat, Keith
2007-143

This entry was posted in LIVE. Bookmark the permalink.

Comments are closed.