Philippe Saisse Trio With Itoh Takeshi

【フィリップ・セス・トリオに伊東たけし】

多国籍。

ステージの上の3人はユニーク 。一人は、マルセイユ出身パリ育ちのフランス人、一人はデンマーク人、そしてもう一人はアフリカン・アメリカン。国籍も人種も違うが、音楽のもとにひとつのユニットになる。そして、このトリオにゲストが登 、それが日本人伊東たけし 。全員国籍が違うというところがおもしろい。

ニューヨークの音楽シーンで大活躍を続ける­ーボード奏者、フィリップ・セスのトリオによるライヴ。基本は昨年(2006年)にリリースされた最新作『ボディー・アンド・ソウル・セッションズ』を­心にプレイ。この日のセット冒 ­3曲は、同アルバ の冒 ­3曲をそのまま演じた。

感じたのは、フィリップのピアノタッチの強さ 。この人はこんなに強く弾くとは思わなかった。もうひとりのフィリップ、フィリップ・ウーのタッチも異様に強いの が、同じように強力 。そして、アコースティック・ベースのクリスミン・ドー­ーのベースプレイも相変わらず見事。僕はアコースティック系のベースでは近年彼が一番好き 。本来であれば、レコーディングに参 したデイヴィッド・フィンクが来日のはず ったが、それがかなわずクリスになった、という。ドラマーはアルバ でも叩いているスクーター・ワーナー。最初、ちょっと叩きすぎという感じがしたが、 ん ん慣れた。特に後半、スティックがもう折れそうになり、木の 片が薄く飛び散り始めたときには、驚いた。

そして20年以上前に、フィリップ・セスを迎えてレコーディングした日本のサックス奏者伊東たけしがスペシャル・ゲストとして登 。伊東たけしはソ­アルバ 2作目『L7』(1985年)で、フィリップたちとニューヨークでレコーディングしていた。(その後ももう一枚作っている) 彼がこの強力トリオをバックにサックスを吹いた。それまで3人 ったステージにひとりサックス奏者が入る けで、ぐっと音楽的にも幅が広くなる印象 。まさにこの4人は多国籍バンド 。

実は、伊東たけしさんの次の新作『メ­ウ・マッドネス』は、ソウル・ヒットのカヴァー集。スタイリスティックスやスティーヴィー・ワンダーなどの曲をカヴァーしていて、12月5日にリリースされる。それに関連して一足先にインタヴューをしたの が、近いうちにここでも紹介しようと思っている。

ライヴを見ていたら、後ろから肩を叩かれた。振り向くとサックス奏者アンドレ・ピエール った。なんとドラ のスクーターと昔からのなじみで、ルー メート ったという。わお。アンドレは数ヶ月前ニューヨークからこっちに引越し、やっと家が決まったそう 。これを機に本 的にミュージシャン活動をするという。彼はここコットンでジーノ(日野賢二)バンドでプレイしていた。

□ 過去関連記事
クリス・ミン・ドー­ー・インタヴュー
http://www.soulsearchin.com/entertainment/music/interview/chris20020810.html(2002年8月)

□メンバー
フィリップ・セス・トリオ
Philippe Saisse(p,key), Chris Minh Doky(b), Skoota Warner(ds), special guest:伊東たけし(sax)

□ Setlist: Philippe Saisse Trio @ Cotton Club, October 21,2007
セットリスト フィリップ・セス・トリオ

Show started 20.01
01. Do It Again
02. September
03. Lady Madonna
04. Dolphine
05. Home Sweet Home
06. Body & Soul (+Itoh Takeshi)
07. Moanin’  (+Itoh Takeshi)
08. Constant Rain (+Itoh Takeshi)
09. Minds Alike (+Itoh Takeshi)
Enc. Roppongi Blues (including a riff of “Chicken”) (+Itoh Takeshi)
Show ended 21.37
(2007年10月21日日曜、丸の内コットン・クラブ=フィリップ・セス・トリオ・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Saisse, Philippe Trio
2007-137

This entry was posted in LIVE. Bookmark the permalink.

Comments are closed.