Herbie Hancock, Wayne Shorter, Ron Carter, Jack De Johnette : The Quartet: Very Special One Time Performance

【ハービー・ハンコックそして、ザ・カルテット、VSOP蘇る】

熟練唯一。

かつてマイルス・デイヴィスという巨星の元に若き血を滾(たぎ)らせたミュージシャンたちが、それから40年を経て、集う。1960年代にマイルス門下生 ったハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター、­ン・カーターらは、1977年に同窓会的にライヴを行った。それが、VSOP(すなわち、ヴェリー・スペシャル・ワンタイ ・パフォーマンス、た 1回 けのパフォーマンス)と題されたライヴ った。そのときは5人が集まったが、その後ドラ スのトニー・ウィリア スは­去、トランペットのフレディ・ハバードは健康問題で現役を退いている。

そこで、ドラ スにジャック・デジョネットを え、4人でこのVSOPを再結成、グループ名をシンプルに「ザ・カルテット」として、そのライヴが国際フォーラ で10月15日(月曜)に行われた。確かに会 が大きすぎるきらいはあるが、これ けの人たちが集まってしまうとなると、こういう会 でやらざるを得ないということになる。

一言で言えば、グレイトなパフォーマーたちのプレイがこのユニークなバンドを生かし続けているという感じ 。それぞれの楽曲の­で、それぞれが思い切り十分なソ­を演じる。熟練たちの円熟のソ­。ジャックのドラ は若い感じがしたが、一番若いといっても65­。ウェイン・ショーターのサックスがかなり枯れた感じがしたが、これも最長老という実年齢からすると当然か。

ハービー(1940年4月12日生まれ=67­)のピアノはさえずり、ウェイン(1933年8月25日生まれ=74­)のサックスは泣き、­ン(1937年5月4日生まれ=70­)のベースは­い、そして、ジャック(1942年8月9日=65­)のドラ スははしゃい 。平均年齢69­の今宵のカルテット(4人編成)には、定 詞の「ザ」が付く。「ザ・カルテット」。熟練にして唯一の4人組 。

メンバー

Herbie Hancock (Keyboards)
Ron Carter (Bass)
Wayne Shorter (Sax)
Jack De Johnette (Drums)
セットリスト
Setlist : The Quartet; Herbie Hancock, Wayne Shorter, Ron Carter, Jack De Johnette @ Kokusai Forum Hall A, October 15, 2007
show started 19:12
01. So What [Miles Davis]
02. Maiden Voyage [Herbie Hancock]
03. Seven Steps To Heaven [Miles Davis]
04. I Thought About You [Johnny Mercer/James Van Heusen, Miles Davis]
05. Aung San Suu Kyi [Wayne Shorter]
06. Someday My Prince Will Come [Frank Churchill, Public Domain, Miles Davis](From “Snow White”)
07. 81 [Miles Davis]
08. A Riff Of “Take Me Out To The Ball Game” (Ron Carter bass adlib) — Nefertiti [Wayne Shorter]??
Enc. Footprints [Wayne Shorter]
(2007年10月15日月曜、東京国際フォーラ ・ホールA=ザ・カルテット~ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター、­ン・カーター、ジャック・デジョネット・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>The Quartet, Hancock, Herbie / Shorter, Wayne / Carter, Ron / De Jonette, Jack
2007-132

This entry was posted in LIVE. Bookmark the permalink.

Comments are closed.