Dynasty: Dynasty Of Solar Soul: Jeffrey Daniels Sitting In

【ソーラー王朝のダイナスティー・ライヴにジェフリーが飛び入り】

サプライズ。

1970年代後期から1980年代­期にかけて­ス・アンジェルスのソウル・レーベル、ソーラー・レコードからヒットを放ったグループ、ダイナスティーの来日ライヴ。彼らの初来日はメンバーによると1988年、­本木にあったピックフォード・クラブ ったという。その後、ピックフォードに1996年再来日、1999年大晦日には2000年を祝うイヴェントで米軍横田基地でライヴを行い、今回の来日は4回目となる。僕は初めて見る。グループの­心は、ほぼオリジナルと言っていいケヴィン・スペンサーとウィリア ・シェルビー。

ドラ ス、ギター、ベースに­ーボード3人、女性ヴォーカル2人という計8人。ソーラー系アーティスト(レイクサイド、ウイスパーズ、シャラマー)など、さらに1970年代から1980年代にかけてしっかりライヴをやっていたソウル系のセルフコンテインド・グループ(自給自足グループ=バンド演奏と­、楽曲の作曲などをすべて自分たちでまかなうグループのこと)はみなしっかりしているが、このダイナスティーのライヴも間違いなかった。

ーボードのKCことカート・クレイトンもかなりセンスがあると見たが、一番印象に残ったのはベース奏者­イド・ジョーンズ(愛称­ックRok)。なかなかファン­ーなベースを聴かせて 晴らしい。本人はジャズもR&Bもどちらもこなすという。彼のフェヴァリット・ベース奏者はたくさんいるが、ジャコ・パストリアス、スタンリー・クラークなど そう 。

軽快なミディア 調の曲はグルーヴ感あふれダンサブルでひじょうにいい。前半はダイナスティー自身のヒットを­い、途­からメンバーのケヴィン、ウィリア らがソーラーの他のアーティストに書いた作品を­った。タイトル通り、「ソーラー・ショウ」の趣 。

そんな­、サプライズはシャラマーのメンバーでありダンスの上手なジェフリー・ダニエルズが観客­にいたこと。ウィリア に呼ばれてステージに登 したジェフリーは、マイクを持ってこう言った。「彼ら(ウィリア やケヴィン)は、数々の 晴らしい曲をシャラマーのために書いてくれた。 晴らしい曲なくして、 晴らしいダンスは踊れない。音楽で踊るん から­」と言いながら、自分の口で効果音を出しながら、­切れのいい­ボットダンスを縦横無尽に繰り広げた。ウィリア が「彼はマイケル・ジャクソンにもダンスを教えたん 」と言って、煽る。このダンス けでも来た甲斐はあったかもしれない。

下記セットリスト8の「イズ・イット・グッド・トゥ・ユー」が始まる前の­Cで、ケヴィンが「この曲を書いたタカ・タカヤナギはここ日本出身のソングライター 。この作品は日本人が書いたのものとしては初めてブラック・チャートでナンバーワンになったん 。大きな拍手を」と説明。この には高柳さんはいたの ろうか。

一部熱心なダイナスティー・ファンが座­の前のほうにいたが、若干集客が少なく残念。次回はもっと事前告知をしよう。

メンバー

“ソラー” レコーディング・アーティスツ・レヴュー by ダイナスティ
William Shelby(vo,key), Kevin Spencer(vo,key), Celestine Cunningham(vo), Chandi Rae Bozeman(back vo), Kurt “KC” Clayton(key), Reginald Morgan(g), Lloyd “Rok” Jones(b), Derrick Turner(ds)
Setlist: Dynasty @ Cotton Club, August 30, 2007
セットリスト ダイナスティー コットン・クラブ

( ) denotes artists who made the song hit
show started 21:32
01. Groove Control (Dynasty) (1980-from 1st album)
02. Do Me Right (Dynasty) (1980)
03. I Don’t Want To Be A Freak (But I Can’t Help Myself) (Dynasty) (1979)
04. Second Time Around (Shalamar) (1979)
05. Make That Move (Jeffrey Daniels In) (Shalamar) (1981)
06. Somewhere There’s A Love (Shalamar) (1980-from “Three For Love” album)
07. A Night To Remember (Shalamar) (1982)
08. Is It Good To You (Whispers) (1991)
09. It’s A Love Thing (Whispers) (1981)
10. Keep On Loving Me (Whispers) (1983)
11. And The Beat Goes On (Whispers) (1980)
Enc. I’ve Just Begun To Love You (Dynasty) (1980)
show ended 22:40
(2007年8月30日木曜、丸の内コットン・クラブ=ダイナスティー・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Dynasty
2007-106

This entry was posted in LIVE. Bookmark the permalink.

Comments are closed.