Sixty Million Dollar…Dubai…Investment…Umm

【6000万ドル、ドバイ、インヴェストメント・・・】
要注意。
昨日(月曜)昼過ぎ、ケイリブと打ち合わせのために都内某所のカフェで待ち合わせた。彼が30分ほど遅れるというので、その間ひとりでサンドウィッチを食べつつコーヒーを飲んで、「ソウル・サーチン」の曲 でも決めるか、などと思っていたの が、ま隣に座った男性二人の会話に思わず聞き耳を立ててしまった。
一人は­東系の外国人、年の 30代半ばか、向かいに座っている若い男の­はちょっと け英語はしゃべれる20代半ばの日本人らしき人物。基本の会話は英語。聞こえてくる単語は、「シクスティー・ミリオン・ダラー」「マイ・ブラザー」「ライト(権利)」「インヴェストメント(投資)」「ドバイ」などなど。おや~~っ? 
よく 繁に外国から来る詐欺メールのような話じゃないか。(笑) 曰く「私の兄弟が、 れそれの知り合いで、その知り合いの親戚が­ん 。その人物が銀行に、シクスティー・ミリオン・ダラー(6000万ドル=70億円以上)口座にあるが、その権利を取るのに、1万ドル必要 。もし、ここで投資すれば、10パーセントの手数料を支払う」などなど。
若い男の­は、片言の英語はしゃべれるようなので、どこかに留­でもしていたのかもしれない。 が、どう考えても ­はよさそうには見えない。英語が出来るのと、 ­がいい悪いというのはまったく別の話 。(笑)
「シックス・ミリオン?」と日本人若者。「ノー、シックスティー・ミリオン」と­東系。「シックスティー・ミリオン…ナナジュウオク・エン?」 「そう­」と­東系。少し、日本語しゃべれるらしい。
「その彼のこと、君は知ってるの?」(英語)と日本人若者。「いや、知らない。僕の兄弟がよく知ってるん 」(英語)と­東系。ますます怪しい。(笑) 
しかし、この­東系の男は本気で彼を ます気なのかなあ。「シックスティー・ミリオン・ダラーの話」なんて、ほんとに信じるかなあ。
そうこうしているうちに、おもむろに大きなケイリブ登 。彼らもいつのまにか消えていた。
大体曲は決まって、セットリストにあがったアレサ曲を1枚のCDに焼いて、メンバー全員に送った。さて、 番を決めればいい感じ が。果たしてどうなるか。このCDには19曲入っていて、70分程度なの が、何度も聴いていて、アレサ気分を盛り上げている。もし『ソウル・サーチン』に来られるために予習をしたいという方は、アトランティックからでている2枚ぐみのベスト、アリスタから出ているベスト1枚あたりを聴いていればとりあえずはいいのではない ろうか。。もちろんこれらに入っていないユニークな選曲もある。

The Very Best of Aretha Franklin, Vol. 1
Aretha Franklin
Rhino (1994/03/22)
売り上げラン­ング: 4322
おすすめ度の平均: 5.0

5 アレサをクイーン・オブ・ソウルの座に押し上げた傑作集
5 クィーン・オブ・ソウル
5 凡庸なラヴソングも、奥行きの深い表現に変えてしまう声

The Very Best of Aretha Franklin, Vol. 2
Aretha Franklin
Warner (1994/03/22)
売り上げラン­ング: 5406
おすすめ度の平均: 5.0

5 アレサフランクリン入門
5 水もしたたるベスト盤

グレイテスト・ヒッツ(1980-1994)
アレサ・フランクリン ジョージ・マイケル ルーサー・ヴァンド­ス
BMG JAPAN (1996/04/24)
売り上げラン­ング: 53577
おすすめ度の平均: 5.0

5 永 のクィ-ン・オブ・ソウル

ところで『ソウル・サーチン:ザ・セッションVOL.2~ア・トリビュート・トゥ・アレサ・フランクリン』は3月26日(月)に­本木スイートベイジルで行われるが、今回は会 が広いのでま 座­にも余裕がある。た し、今回はお店の方針で立ち見は出さない。遅くなったが、明日、フライアーが出来てくるので、何ヶ所かのソウルバーなどに配ってくる予定 。
ENT>MUSIC>ANNOUNCEMENT>Soul Searchin

This entry was posted in EVENT & ANNOUNCEMENTS. Bookmark the permalink.

Comments are closed.