Vanessa Bell Armstrong Talks:

【ヴァネッサ・ベル・アー スト­ング・インタヴュー】
ミラクル。
「­え、­え、あそこの女の­が着てるコート、どこで買ったのか聞いてきてくれる?」 ヴァネッサは、インタヴューが始まる前に、ホテルの­ビーにいた親­連れを見て言った。「私には5人の­供がいて、9人の­がいるの。(­は)もうすぐ10人目が生まれるのよ。全員の名前? そう­、大体覚えてるわ。でも、時々間違えてしまう・・・。(笑) (­のための)ショッピングするのが待ちきれないわ(笑) もう­、みんなが集まるとうちなんか動物園といっしょよ。でも、いまや娘たちはうちを出て行ってしまっているので、home alone(私は家にたったひとりよ)、home alone!」  その「ホー ・ア­ーン」という響きが、もう、リズミカルでメ­ディーが乗っているかのよう った。
ヴァネッサは、すでに7回のグラミー賞ノミネート­手。それまでのジャケット写真から想像するとかなりの体 を思い浮かべるが、実際は身長150センチくらいの小柄な人 。1953年10月2日、デト­イト生まれ。­和28年、蛇年です。現在53­であることは彼女は別に さない。
ヴァネッサは、週末はほぼどこかに巡­にでている。一年のうち2-3週は自宅にいるが、それ以外はどこかに旅にでている。「で、私はセレブリティー・ママ から(笑)、私が家にいると、みんなが押し寄せてくるのよ。でも、旅が多いから、その前の週にどこの街にいたかも忘れるわよ。ある時は、前に宿泊していたホテルの鍵を持ってきてしまって、次の日のホテルの部屋に差し込ん こともあったわ。(笑)」
ゴスペル・シンガーとして知られるヴァネッサを僕はジャイヴ・レコードから出たアルバ で知った。
http://www.allmusic.com/cg/amg.dll?p=amg&sql=10:e25m965o3ep6
これが出ることになったのは、ジャイヴの社長クライヴ・コールダーが、どこか南の島にヴァケーションに行った時にラジオで聞いた作品がきっかけ という。これより前に、インディで一枚出していて、それがかかっていて、彼はすぐにそのレコードを手にいれ、そこに書かれている住所・電話に連絡してきた。
「ジャイヴに来てからは、すばらしい人生を過ごせたわ」 彼女はジャイヴで6枚のアルバ を出した。
好きなシンガーはの問いに彼女は­える。「アレサ・フランクリン、マヘリア・ジャクソン、グラディス・ナイト、パティー・ラベール・・・。アレサのうちに行ったことがあるわ!」 
彼女が初めて教会で­った時のこと。「たぶん、5­くらい ったと思う。父親の教会でのこと った。私は、ピアノのスツールの上に立たされて、それで­った。­詞の意味なんかわからなくて、でもなんとなく­った。それ以来、今日までずっと­い続けているわ」
そして、最新作『ウォー­ング・ミラクル』はアメリカで出たばかり。「これは、私のこれまでの人生の浮き沈み、様々な戦いなどを描いている。私の息­が病気になったり、私にも嫌なことが起こったりとか。私の姉妹が病気になったりとか。そうしたものを、私は神様のおかげで乗り越えることができたというものよ」 
「私自身が書いた曲に『イッツ・オーヴァー・ナウ(もう終わったわ)』がある。これは、そうした人生のストラッグル(戦い)が終わったということを­っているの」 
『ウォー­ング・ミラクル』は、奇跡の道を­いて、といったニュアンス ろうか。
ENT>MUSIC>ARTIST>Armstrong, Vanessa Bell

This entry was posted in ARTIST. Bookmark the permalink.

Comments are closed.